fc2ブログ

E QK room

絵日記マンガ、絵本、日々の事など
-

iPadでお絵描き

先日Wonder Forestさんへ
iPadでお絵描きする方法を教えに行ってまいりました。

いろんな使い方があると思うのですが
まずは指でも描ける線画を描いてから
それに着彩する方法、
次に、アナログで描いて、それを写真で取り込んで
そこに着彩していく方法をご提示いたしました。

普段馴染みのない方、またはプログラマーの方
絵心がある方、そうではない方
いろんな方々がいらっしゃいましたが
一旦基本の使い方を覚えたら、途端に静かになって
みなさん黙々と描いていて、とっても楽しそうでした^^!

こうやって教える先生たちが楽しいと
その気持ちが子どもたちにも伝わって
また楽しくなるのですよね〜

クリエイティブな時間はとっても貴重です。


こちら、その日のことを紹介していただきました↓
Wonder Forestさんのブログ

スポンサーサイト



-

Wonder Forestの窓のステッカーが出来上がりました!

Wonder Forestにて
去年の年末に大きなアートを子どもたちとライブぺインティングしましたが
そちらが窓に大きなステッカーとして飾られました!

IMG_6397.jpg

こちらを拝見しに、Dried Bonitoのシンガーソングライターのヤスヨさんと行ってきました♪

本来ならばヤスヨさんの歌とともにイベントを開催する予定だったのですが
ご家族のコロナ感染により、ヤスヨさんは急遽休まざるを得なくなったのでした。(ToT)
ヤスヨさんの歌声が大好きなので、ぜひまたどこかでご一緒できたら!
願っております。

さて、Wonder Forestさんの高橋さんとも合流して
記念写真をパチリ

IMG_6411.jpg

こうしてみると、Wonder Forestのカラフルなロゴとも
合うような色味です。
(カラフルな色は多様性を表すのだそうです)
横須賀、京急長沢駅から3分のところにある
知的障害のこどもと家族の学習支援と
プログラミング教室を開いていらっしゃいます。

知的障害を持つお子さんたちは
人一倍こだわりがありますが
このライブペインティングでは
そのこだわりを持ちつつも、同じ方向を向いてできたように思いました。

まず私が大枠で線画で登場人物たちを描いていて
そこにそれぞれが好きな色、ハンコで模様を作る、というような流れをつくりました。
大枠があることではみ出しやインパクトある塗りも
どこか統一感があるように出来上がったのでは、、と感じました

IMG_6409.jpg

高橋さんとお話していると、Wonder Forestから繋がる人々
作られていくコミュニティ
そこから生まれていく助け合い、そういう
俯瞰で捉える視点を感じます。
広い視野を持てる人はなかなかいないのではないでしょうか。
きっとこれからもここからいろんな楽しいことや
新しいことが生まれていくのでは、と思いました。

高橋さんが作詞、ヤスヨさんが作曲した曲も流れています♪
伸びやかないい声〜
当日のライブペインティングの様子もこちらでみられます

-

Wonder Forest Festivalに参加しました!

Wonder Forest
横須賀は長沢にある知的障害と発達障害の子どもと家族の支援事業をされている場所です。
こちらのお祭りに、参加してきました。
WonderForestチラシ

こどもたちと一緒に巨大アートをペイントすることにしたのですが
全く何を描いても良い、となると意外と描けなくなるものです。
なのでワンダーフォレスト、という森をイメージしたイラストを
大きく描き、それをみんなでハンコや絵の具で塗っていこう、と思いました。
IMG_6044.jpg


ハンコは葉っぱや木の実をイメージ。
ハンコはポンポン押すだけで、気軽に参加できるので
まずは絵のアイスブレイクになるかな?と作りました
IMG_6061.jpg

この絵は、デジタル化されて、Wonder Forestさんの大きな窓にゆくゆくは飾られます。
なので、窓の大きさに合わせた矩形で三分割になっています。


変わり種のローラーや筆なども。
こちら、幼稚園の教室で、親御さんがプレゼントしてくれたもの。
いろんな種類があって、小さい子でも扱いやすい筆です。
IMG_6060.jpg

アコーディオン奏者のDanさんの楽しい演奏で会場も和んだところで
IMG_0957.jpg

いよいよ広げて描き始めました。
IMG_0968.jpg
IMG_0978.jpg
塗り塗りしていくうちに
どんどん楽しくなって、オリジナルキャラクターの森の妖精や
かわいい足跡をぺったんぺったんハンコで埋めてくれました。

自分では思いもよらない、にぎやかな巨大アートになって
IMG_6166.jpg
みんな大満足!


Dried Bonitoのウッシーさんと急遽駆けつけて代打で演奏してくれたDanさん
2人の演奏不思議と合っていました

IMG_0995.jpg


とっても素敵な1日になりました!
Wonder Forestさん、ありがとうございましたーー!

-

絵画教室@Nandaro

秋ですね
秋明菊が満開です

Kさんの作品

Nandaroでの教室、久々です。
Kさんは時々スケッチをしていました。
「最近、自分の絵を他人のものと比べて、恥ずかしくて出せない、とか思わなくなった」
とおっしゃっていました。
そう、Kさんは今Kさんらしい絵を十分に楽しみながら
描いています。
りんごを描いても、菊を描いても
Kさんが描いた、という個性が溢れています。
一つの線、点、塗りにKさんのこれまでの
描き方が丁寧に現れています。

実はそういう境地になるのは
なかなか難しいことだと思います。
人と比べるし、そもそも自分らしさがわからない、と
始めた当初は思うからです。

自分の好きな色、絵、癖、形
最初はそこにヒントがあって
謎を解き明かすように自分というものを
探していくような感じかもしれません。

Kさんの秋明菊、ぜひ飾って
自分らしさをお祝いして欲しいと思います。

Oさんの作品

急にドットを描き始めた時は驚きました。
すると、前にも白い花を描いた時に
白の花の影を描きすぎて、グレイに仕上がってしまったので、と
まずは背景から攻めたそうなのです。

美しい白が映える素直な秋明菊となりました。


今回は教室の後
とっても美味しいランチもいただきました♪


プロの味をこうして味わえる幸せ。。。
ポイントポイントで、手を抜かない
その素材の一番美味しい状態を引き出す
タイミングの勘
やっぱり違う!!!
いつまでもいつまでも食べていたいお味でしたーーー!

-

親子イラスト教室@Musica Soave

Uさんの作品

カラフルな色面に、あるリズムが見られた今回の作品。
こういったちょっとした違いに新しい道を感じます。

色面の塗り方にも
筆に出る個性があります。
その個性からまた先に
ハネのようなカスレのような
筆跡があり、連続すると模様の面白さが出来上がります。

Uさんはとても素直にナチュラルに自分から出てきたものを
楽しんでいて、また遊び心を持って
いろんなことを試すので
借り物でないUさんの学びがあると思います。
ぜひ焦らず弛まず
筆の赴くままいってほしいなあと思います。

季節の色がとても目に滋養をもたらすように思いました。


Yちゃんの作品

セロファンを使っての工作。
透き通ったプラカップに飾り付けと
プラスサングラスを制作しました。

Yちゃんは丁寧に切り取って
どの位置に何を配置するかよく考えて
クリーンな仕上がりを目指しました。
どうやったら綺麗に出来上がるか
今までの引き出しや積み重ねから得た
体にある技術だと思います。
これはとても大事な宝です。

このサングラスがとってもいい仕上がり!
まるで3D映画の飛び出すメガネのように色違いで
ハートのフレームはファンキー!

こういうバランスがいいね!

Kちゃんの作品

Kちゃんもセロファンの工作を楽しみました。
そしてこのカップを二つ繋げて糸電話も制作。
糸がないのでなんとペーパーナプキンから、こよりを延ばして
糸をつくちゃった!!
ないものは作る!というところがグッジョブです!

この後KちゃんとYちゃんに
運動会で踊るソーラン節をひとしきり見せてもらいました。
その後、なぜか猛然とKちゃんは
ハロウイーンの絵をとっても細かいところまで描き始め!!
ソーラン節でクリエイティビティに火がついた!と思いました。
Kちゃんのこの絵、配置も色味もとってもよいバランスで
一瞬にしていろんなことが決まった、エポックメイキングな絵だと思います。

Sさんの作品

土のカラーチャート、というものがあるそうなのです!
素敵!
そして土の断面の写真集を見ながら
それを絵にしていきました。

土のザクっとした感じを出すために
今回はざらっとした表面の紙に
パレットナイフで擦りつけるような手法でやっていきました。
グラデーションも美しく
その微妙な塩梅に、Sさんの繊細な感覚が光ります。

人には両極端なところが同居していますが
こういうワイルドなものを支える
繊細な感覚が発揮されるととっても素敵な画面になります。
土シリーズ、もっと見てみたいですね!

Rちゃんの作品

絵の具が好きなRちゃん。
伸び伸びと筆を走らせて
画面いっぱいに風景や、好きなキャラクター、模様を描きます。
なかなか画用紙目一杯描くのは大人では難しいと思うのです。

セロファンも画用紙に貼り付けてみました。

のりを丁寧に隅々まで貼って
毎回しっかりノリの蓋を閉めるRちゃんが
なんだか微笑ましくて。。
また楽しくお絵描きしようねー

Tくんの作品



Tくんは紙をキャラクターの形に切り抜いて
そこにセロファンを貼ることにしました。
こんな風に同じ素材を自分の好きなものに寄せて
制作できるのが、いっぽ成長している証拠です。

また今回読んだ絵本「チキカングー」にインスパイアされて
メルちゃん漫画を描き始めました。
この本、なぜかわからないけどクスッと笑っちゃう絵本なんです。
その面白さをさらに面白くしたくなっちゃう気持ち。
すごくよくわかるわ!!

Tくんのユーモアが光るいい漫画になったね!