FC2ブログ

E QK room

絵日記マンガ、絵本、日々の事など
-

マンガ Cook Ben & Ray

どうしたことでしょう。。
どうも疲れていると
こんな風な方向のマンガになってしまうようです。。


スポンサーサイト
-

絵画教室@Bouquet Garni 九月

ブーケタイトル9
台風一過の青空。
残り組の大風が吹き荒れますが、なんのその
美味しい料理に舌鼓。

つぶ貝のエスカルゴ風は、熱さが旨味の一つ!つぶ貝がおしゃれして、舞踏会に出たように上品なお味に。
からし菜のピリリとした刺激のサラダが、ドレッシングとぴったり。
そして今回のメインは、秋刀魚のフライと天使の海老、帆立が
ツナのソースという優しいソースに集っている感じ。とてもオリジナルなソースなのに、なぜか懐かしい。
そしていちごのアイスクリームはホームメイド。
いちごの果肉が宝物みたいです。
menue9.png

さあ、それでは反芻しながら(笑)絵を描きましょう♩

「ランタナ」というアフリカ原産の花を
bouquet garniさんの素敵な花瓶に。野生の残る雰囲気にいけていただきました。
花は細かく、二色あり、花が終わると、桑の実の親玉のようなものに。
それも緑と濃い紫になり、一つで三度楽しい花になっております。

Kさんの作品

BC9Ksan.png
全体の把握をスケッチし、固めの紙に変えて、形の調整をしながら描いていきました。
最初目についたものから描くと、スペースが足りなくなったり
収まらなくなる、という経験を踏まえて
まずてっぺんはどこか、花瓶はどこまで描くか
それを決めました。

このランタナ、花が小さいのですが
葉っぱがわさわさと生えています。みなさんここで、ううう、と唸ってしまいました。
なのでどの葉っぱをしっかり描くか
どの葉っぱが自分からあまり見えないか、
どこをフォーカスして描くとしたら、その周りの葉っぱはどうするか
そういうことを考えながらの画面作りです。

見て、見て見ていく、ひたすら絵を描くということは
見ることなのだと思わされます。
「上の茎と花瓶に近い茎が違う色だ」
そう発見された時、その目の細かさがどんどん精度をあげてる!と
心の中で私は小躍りです!

よく見た絵は、やっぱりいい絵だと思います。


Tさんの作品
BC9Tsan.png

Tさんの絵の嗅覚というものがあると思うのですが
自分が花や実のどこをかわいいと思うのか
それを対象に見出すのがとても上手だと思います。
全体をまず軽く把握するように鉛筆で描き
大体の位置を落ち着けてから
まずTさんはツヤツヤした実を仕留めました(ハンターです!笑)
そしてTさんは慈しむように花と実を色付けしていくのですが
本当はもっとゆっくりゆっくり味わいたい、
そういう絵との付き合いをされています。

どんな風にこの色を表そうか
この丸さをどうやったら可愛くなるか
描いている側から、そういう試みが絵になり、人に伝わっていくのだな、と
感じられます。

Yさんの作品
BC9Ysan.png

Yさんの集中力。
鉛筆で端から全体を描くとき、正確に大きく対象を描かれて行きます。
Yさんは、絵を初めて一年も経ってらっしゃらないのですが
ご自分ではわからない、というのですが
全体を正確に把握するのがとても得意なんです。

「色の付け方がわからない」とおっしゃるのですが
多分自分で見えているものに正確に近づけたくてそういう風に言われるのだろうなあと
思っています。
というのも、スイカを描いた時も、この花の時も
正直な線でとても素直にいい色が出ています。

終わった後、それぞれの絵を見せ合うのですが
それぞれ自分のないものを他の方のものに見出されます。
それぞれがそのかたの良いところを伝えると
ようやく、自分の絵を
「人の目」で見ることができ
自分の良さを、認めることができるのかもしれないと思います。

こちらは家での作画。
ぶどうを描いていたら、遊びにきていたお孫さんも
描きたくなって一緒にスケッチされたそう。
homeKsanachan.png
ぶどうのみずみずしい感じが美味しそう!
そしてお孫さんののびのびとしたいい線に
にっこりしてしまいます。カバンを背負っているところとか
よくかけていますよねー。

Kさん、これTシャツにしたらかわいいのでは!!
skechKsan9.png
ちょっとずつ自分のそばにあるものを描きためていらっしゃるのですが
リラックスした感じがすごく素敵!
そしてこんな風に、並べただけでかわいいですよねー
Tシャツにぜひ!!

hometsan.png
Tさんの豊かな気持ちが伝わるような絵です。
こっくりした梨の色や野菜、
壁にかけた植栽のフォルム
とてもおしゃれな仕上がりです!

-

イラスト・スケッチ教室 八月火曜日のクラス

title8火曜
残暑がきついザンショ。。。
ツバメ号さんの氷の旗が嬉しいですね。
ホントーに暑い日々ですが
負けずに元気におしゃべりしながら絵を描きました。

Hさんの作品
Hsan8.png
Hさんは新しいプロジェクトを始めました。
それは草花のスケッチです。
これから万台会館、寺子屋のプロジェクト
お庭の色々な草花や木を学びながら、スケッチして
それを描き集めて行きたい、とのこと。

なかなか珍しい植物がたくさんあるそうで
これからHさんのノートは季節の草花で
カラフルに埋まっていくと思います。

草花をスケッチしよう、とするとき
もちろんその場で写生をするのが一番良いのですが
時間があまりなく、後でゆっくり描こうという時は
写真だけじゃなくて、メモ程度で良いので
簡単にスケッチメモ、が良いと思います。
花びらの数や草の色、ちょっとしたメモが
写真を見たとき、ディテールを呼び起こして
立体的な記憶、絵に繋がります。


Uさんの作品
Usan8.png
Uさんには、今回自画像をまずチャレンジしてもらいました。
なるべく視点を同じところから、ということと
ざっくりと形を把握して描く、ということを言っただけで
すぐに理解されて短時間で自画像を。

自画像を描く時は最初慣れないうちは
「自意識」との戦いでもあるのですが
Uさんはものを見るときの目が出来上がっているのだと思います。
ニュートラルに自分の顔の形を捉えられたと思います。
初めて描いたとは思えない。
もっと見たい!

そして他にはイチジクと風景画。
イチジクの色彩に教室のみんなでうっとり。
みずみずしい色、線、本当きれいですね。

そして風景画は、夢のプリンスエドワード島の写真から。
最近、赤毛のアンのファンだったという話で
盛り上がっている火曜日夜のクラス。
この風景画もどんな色がつくのか楽しみです。

Nさんの作品
Nsan8.png

Nさんの作品は全体に勢いがあります。
けれども繊細なところもあって、
自画像にもそれが現れています。
鎖骨や鼻の描き方に繊細さが
目や線の強さに、Nさんらしさが出ています。
そして照明でできる、プラスティックの影を
デザイン的に描き上げて行きました!
なんてユニークなアイディアでしょう!
カラフルでポップなマンダラNさんワールドが展開するのが
もう想像できます。

そして、愛するヨーロッパの家並み、街並みを
たくさん写真に収めたので、これからどんどん
展開されていくと思います。
楽しみですね!!

おやつ
おやつにオランダのお土産のお菓子、
ストループワッフルをいただきました。
カップの上に少し置いておいて
真ん中のキャラメルが柔らかくなったところをお茶と共に。
オランダ旅行の話も聞いて、なんだか自分も行ったかのような気持ちに。
^m^
ごちそうさまでした♩

-

QKなる日々 ソフトな驚き

QK6.png

こちら現在のぶん
野生のカケラもありません…
bunnesugata.jpg

-

イラスト・スケッチ教室 八月日曜日のクラス

8ツバメ日タイトル
イラスト教室につくと、わっしょい、お神輿の声が聞こえてきました。
夏にすこーし秋が入ってきていますね。

暑い中よくきてくださいました。

Eさんの作品
8sunEsan.png
Eさんはこれからエッセイを本にするので
イラストをページごとに貼り付けて
スキャンの準備をしております。
絵を描く、というだけじゃなくて、こういう風に
いろんな準備というのも絵の行為の中に入っていると思います。

最初こういう整理って面倒なんだけれど
やっていくうちに、不思議なことに
心も整理されていったり。
そしていろの挿し方を再度見直して、自分の気持ちに沿って
色をパステルでつけていきました。

そういうところに、絵と心のトンネルがだいぶ開通してきているように
思います。

Eさんは子育ての真っ最中。
このいろんな時積み重なったエッセイが出来上がったら
きっとページを開くたびに励まされると思います
あともう少し、ファイトー!

Yさんの作品
8sunYsan.png

たまこの顔がブレずにかける。
それは長くこの作品に関わってきたからできること。
主人公を同じ顔でなんども描くって、意外に大変なことなのです。
毎回同じじゃないと、読む人はストーリーを追っていけませんからね。

そして一度主人公で人が描けると
その友達もなぜかするっと描けるから不思議です。
たまこと友達がおやつを食べるシーン

多分、前だったら、まずは小さくラフ、そして鉛筆で下書き、
そしていよいよ本がき、という事だと思いますが
大きくスラスラと描いています。
何を描いたらいいのかわからないという昔は
はるかかなた!

このたまこ、満を持して、コンペに出されることになりました♩
文章を練り直し、順番を間違えないよう
裏に貼っていきます。
たまこ、大会でいっちょうあばれておいで!(笑)

Aさんの作品
8sunAsan.png
Aさんはノートに、ふと頭に浮かんだ
あった事のない人々を描きためています。
彼らは少し日常から離れていて
でもなんだかリアリティのある人たちばかり。
毎回そのノートを見るのが楽しみなのですが、
彼らの印象を描くのにも役立つ、人物を今回はスケッチしてもらいました。
自分の顔を見るのは時に気恥ずかしいのですが
その先にくる瞬間、顔が「風景」みたいになった時に、割とうまく捉えられるように思います。

まず顔全体をスケッチしましたが
特に鼻を描いているときの感じで
ものを見ていただいて、今度は目を中心にスケッチを重ねていきました。

目の構造は複雑で、丸い球とまぶたの袋的な構造
それにまつげ、それらをどういう風に紙に描くか、
回を重ねるうちにだんだん捉えてきたと思います。

そんなリアルな目の隣に
「バタコさんてどんなだった?」と話題に登った時に
さらっと描いてくれたバタコさん(笑)
なんだかいい味出てます。