FC2ブログ

E QK room

絵日記マンガ、絵本、日々の事など
-

イラスト・スケッチ教室@うみべのえほんやツバメ号 日曜日の教室

一体今は季節は!?という暖かな日曜日でした。
久々の顔合わせで気持ちが弾みました

Eさんの作品
*写真はクリックすると大きくなります

うちのレモンが豊作なので
モチーフにレモンと金柑を持ってきました。

まず今回は、レモンを触ったり、匂いをかいだりじっとみたりしてもらって
そのレモンをどういう風に画面に置いて絵を描くかを考えてもらいました。

Eさんはサムネイルであれこれ考えながら
少し左下にレモンを
上に梅の枝を置きました。

構図の感覚を養ってもらおうと思い
いつもよりも下準備が多くなりましたが
サムネールで出来上がりを想像してもらったのです。

Eさんはレモンの影にフォーカスして
青と緑の二種類の影を塗りました。
パステルは初めてとのことでしたが
ふんわりと光るようなパステルの魅力は
独特のものがあります。

境界線がないところ
それが夢のような雰囲気を出しています。

背景を絵の具で塗る予定でしたが急遽変更、
背景を淡いブルーのパステルで塗りこめて
いつものEさんの絵よりも柔らかい雰囲気のものが出来上がりました。

工夫したのは、影のあり方。
二重に見える影の重なりや
色が微妙に違うところをよく見て感じて描いたところ。
そして主役のレモンの
形の取り方もとてもうまくいっていると思います。

Kさんの作品

梅の枝で、真っ直ぐではなく直角に生えているものがあったのですが
この枝を切りながら、
きっとKさんはこの枝を選ぶと思っていたら
本当に選んでくれました(^m^

なんというかこの直角がユーモラスなのですよね。

今回はどう描くか、でサムネールをまず作りましたが
サムネールで良いと思った構図を
実現するためのしつらえにかなりの試行を凝らしました。

でも、実はそれも「絵を描く」行為に入っているのだと思います。

レモンと三角の枝を丁寧に描きながら
Kさんはレモンの下の敷物の影のシワに
どんどん惹きつけられていきました。

そう、シワの魅力!
絵を描いていると
シワに抗えなくなる時があります笑。

それが、シワの魅力って
不思議なことに「あーこんな細かいシワ、描けないよ、面倒だしー」と思うのですが
一旦始めると
そこには何か止められないしみじみとした面白さがあるのです。

気がつくと、モチーフよりも
影の方が主役になるほど描きこんでしまったり。
Kさんはその楽しみを今日発見したようです

枝の色もじっくり描いて
不思議な構図の絵は下地の梅へと続くの空間を
薄く色を入れる、と目処が着いたところで時間となりました。

今日は細かいものが見えてそれを描くことができた、という
ことが階段を一つ登ったところなのだと思います。

Yさんの作品

Yさんは広く空間をとって
金柑とレモンを端に据えて描きました。

広い空間に、何か短歌でも描きたくなるようなそんな構図です。

レモンと金柑をパステルで描き
後からキワを攻めるように
水彩の青を流すように塗りました。

パステルは水を弾くのですが
それが青を濃く見せて
結果的に影のリアリティがあります。

筆あとがありますが、
それを気にされていましたが
いい滲みもその中にはありました。

背景を塗る時滲みがないように
ぴーっと均一に塗りたいと思うのは
わかるのですが
もちろんそれもいいのですが
自分が出したいい感じの滲み、も
どうやったら出来上がったのか
覚えておいて、それを次回の絵に生かせるようにすると
きっと自分にしか描けない絵に繋がっていくと思います。

金柑の描き方が丁寧で
今回の隠れた主役、という感じになっています。

Tさんの作品


Tさんは「さあ、今日はモリモリ描くぞー」
とみなぎる雰囲気でやってきました。
Tさんは人を描きたい、と写真の資料を片手に
色々な人のポーズをデッサンしていきました。

もちろん生で人を見て
骨を感じながら描くのが一番なのですが
いろんな年齢の男女を描く時には
私も写真を資料として使うことがあります、

その時、関節の感じ
どこに体重がかかっているか
頭の傾きなど
大まかにまずジョイントの部分のアタリをつけます。

昔、人物デッサンの時、3分デッサンというのがあったのですが
ともすればディテールに行きそうになるところを
全体で、モデルの人はどこに重心を置いて立って(座って)いるのか
その時の関節の向きはどうか
瞬時に見る訓練をしたものです。

Tさんは昔漫画をよく描かれていたので
人を描くのは慣れていると思います。

一旦デッサンで人の捉え方を覚えると
これは自転車と一緒で
忘れないと思います。
とにかく、ホネ!です。
骨がしっかり描けていれば
ディテールも生きていきます。

そして今回は3人描けたのですが
やはり3人目は自然な仕上がりとなったと思います。

描けば描くほど絵は上手くなるのですよねー。

人物100本ノックをこれからコツコツやっていくそうです!
楽しみですね!!


ちょっと余談ですが。。。

青森の画家で、小館善四郎というレモンを各画家がおりました。

家族ぐるみで親しくさせていただいたこともあり
先生のアトリエにもお邪魔したことも
何度もあります。

今回その画集の一つを
レモンを描くのにあたりみんなに見ていただいたのですが
久しぶりに小館先生の静謐な筆致を見て
ため息が出ました。

冷たく爽やかな黄色に
光と清らかなものを感じます。

また家に帰って
飾ってあったこのレモンを再度眺めました。



IMG_0246.jpg

スポンサーサイト



-

イラスト教室@うみべのえほんやツバメ号 火曜日の教室

風のつええところだから。。。

風にも負けず、教室に来てくださったみなさま
ありがとうございました!
こんなに風が強いのだから、メアリーポピンズくらいよこして欲しいものです。(意味がわからん笑)

さて、久々の教室再開、
Hさんの作品です

Hさんはチラシ制作のための
イラスト作りです。
キャラクターは絵本好きの5人組。
大海へ出て冒険です。

まずはラフを大まかに仕上げてきたHさん。
Hさんは締め切りが迫るととても仕事が早くなります!
迷いのない構図、今までの積み重ねを感じます。

ラフではキャラクターの年齢がちょっと上になってしまったので
描きながらちょっとずつ修正を入れます。
キャラクターを描くときの
気をつけるべきポイント。
統一性を持たせる、というところです。


迷いなく色を選び
たっぷりと筆につけて一気に塗り上げていきます。
自信がある時の塗りは、みている人も気持ちよくなりますよね

最後に目鼻の表情を残しましたが
人を描くときに一番最後に目を入れる時がとても緊張しますよね。
日を改めて、ペンにて目を入れることをお勧めしました。
うすーく描いた鉛筆のラフを頼りに、可愛く仕上げちゃってくださいね!

Kさんの作品
*写真はクリックすると大きくなります


何度目かのレモンです。

今回はモチーフを描く前に
触ったり、香りをかいだり、重さを感じてみたり。。
という行為をしてから絵を描いてもらいました。

リモートで、実態から離れることの多い時。
写真を見て描くということも多いと思いますが
今回はこのうちの庭の無骨で固い野生なレモンを
ぜひ触っていただいて感じてから描いてもらいたいと思いました。

Kさんらしく、モチーフとの距離にある「気楽」な感じが
絵に表れていると思いました。
ちょうどへたのところ、そこに線の揺れが、と思ったのですが
Kさんの目線に立つと
レモンのコブが見えてきました。

途中で線をアクセントに入れたのが
なんというのかな。。「ロック」(音楽のね)な感じがしていいなあと思います。

そう、Kさんには丁寧なところと
ちょっと「ロック」な雰囲気がどこかにあって
それがヒョッと絵に出てくる時が。

この教室では正解を目指す絵ではなくて
その人らしい絵を描いて欲しいと思っています。
Kさん、グッジョブです!

H.Kさんの作品

H.Kさんの絵への取り組み方に
とても純粋な喜びがあって、絵にそのみずみずしさが表れています。

H.K.さんは小さい頃から
絵を描くのが好きだったと
話には聞いていましたが、
今回色を使って、手に伝わるその感覚が好き
という「センシャル」なところから好きなのだ、ということがわかりました。

鉛筆のゴリゴリした感触
粉っぽい夢みたいなパステル
色を塗るときのペットリとした感覚
自分の狙った線がうまく紙に現れる時
絵の楽しさがあるのだな、と思います。

今回は背景の青に少し緑を入れて
少し層があるような塗り方をしました。
それと対比して
冷たいレモンの黄色が
きりり爽やかに表現されたのではないでしょうか。

そして、左上の緑も
アンブレラツリーの葉っぱなのですが
地味な小さな花が咲いています。
小さい花をじっくりと、繊細に描いています。
白の中にあるピンクもよく見ている。
「よく見る」と、「よく描ける」のだということを
今回私はH.Kさんから改めて教えられたように思いました。

E.Hさんの作品

レモンを愛おしそうに手で包んでいらした姿が印象的でした。
紙に真ん中に大きくレモンを据えて
角に葉っぱを入れました。
葉っぱは同じものを一度描いてから
別の角度からのものを
反対側に入れました。
今日はパステル、今日は絵の具、今日は色鉛筆と
毎回違う画材に挑戦されて
自分に合ったものを探しているように思います。

今回やっていただいた
「モチーフの触感を確かめながら」の描き方は
H.Eさんに合っていると思いました。
レモンの丸さ、葉っぱのめくれ上がったところ
それをまず「見たまま」に写しとっています。
捉え方に正確さが出てきました。

絵を描くということは理論の部分もありますが
五感をフルに使って
「込める」ようなところがあります。
それは習ってなかなかできるようなことではありません。
感覚を解放するような描き方をされているのは
音楽を生業とされている長年の経験から、と思います。
また絵に対して失敗を恐れなくなった分
さらに感覚が紙に広がっていってとても伸び伸びしています。

大きく深呼吸をしたような気持ちのいい絵だと思います。

O.Mさん


今回はお仕事の都合で
それでも顔を出してくれて
参加してくださりました。

教室の方でも大きい絵本の作品を終えて、一息ついてなので
新たにここからまた別の気持ちで始められると思います。

目的が合って、それに邁進している時も
なかなか楽しいのですが
本来好きだった細かい模様を描いていったり
色を選んで塗っていったり
純粋に楽しみなことをされるのがきっと良いのでは、と思います。

今日は短い時間でしたが
レモンのデッサンに取り組みました。

普段は使わないパステルで
レモンだって赤く描いちゃって
この色とこの色が混じるとどうなるかな、と楽しんで。。
O.Mさんの無邪気な嬉しさが楽しくなってきます。

久々の教室で
「絵を描くって、何が楽しいんだっけ?
色を使って目が美しいものを補給するような感じ
鉛筆だけなのに紙の向こうにまるでこの見たものが立体的にあるように見える感じ
泥遊びをするように色を混ぜる楽しさ
ほんの少し線を整えただけで、描いていた人間が年取ったり若返ったり
描きたい表情を捉えられたり
一所懸命塗っていたら、空いっぱいになっていたり。。。
そういう単純なところだったよなあ」、と
絵を楽しむみなさんを見て再認識。

-

新作絵本「Monkey Monkey, Where Are You?」が出ました!

1月中旬、新しい本がポトス出版より発刊されます。

"Monkey Monkey Where Are You?"
モンキーモンキー、どこにいる?

というタイトルの絵本です。

主人公は紫の猿と赤い犬のドギー
この猿は、ずいぶん昔に
Christine Pakkalaさんと遊びで作ったお話
「紫の猿Jukki」の主人公。
お借りして、再登場させました。

写真に写っているのは
姉があみぐるみで編んでくれたものです。
その隣の赤い犬は
旅行の時にお守りがわりにカバンに忍ばせる
トラベリングバディです。
紫の猿のアシスタントとして今回はお話に登場させました。
IMG_0933.jpg

今回の絵本は、" I AM"の続編とも言える絵本なのですが
前回と同じように堅苦しくなく
絵で見ても楽しくなるようにいろいろ工夫をしました。

自分の好きな世界の原点
1950年代の雰囲気の
明るくて弾むような色の組み合わせを考えました。

IMG_0932.jpg


本当は前回のI am に出てきた全員を
再度出演させるというプロットだったのですが
どうもうまくいかなかった。。

そんな時に私の義理の姪が、
英語の前置詞の簡単な図解をツイートしていて
おおお、これだ!!と!!
ようやく前進することができました。(thanx!!)

と、同時に
in betweenという前置詞のところで
無性に本に挟まった動物が描きたーーい!
と強く思い
IMGbetween.jpg

一番最初にこの絵が出来上がってきたのでした(笑


自分の頭だけにあったものが
こうやって絵となり話となり
ページになって世界に出ていく様は
本当に嬉しい瞬間です。
色校正が出るたび
いやあ、お祭り騒ぎさ!
IMG_1061.jpg

やはりお話と絵を作るのは
ほんと楽しいことだなあとしみじみしました。

こちらの絵本は子どもさんももちろん
英語の前置詞がなかなかうまく使いこなせない、という大人の方にもおすすめです。
ぜひ紫の猿をこの本で探しながら
感覚で覚えていって欲しいなあと思っております。


ポトス出版のサイトで税込1320円(間違っておりました、正しくは)→1430円(送料別)
1月中旬の発売予定です。
ちなみにAmazonでもお取り扱いが1月末から始まります。

また今回
猿を貸してくれたPakkalaさんに
英語のチェックもお願いいたしました。

Christine Pakkalaさんは才能溢れるストーリーテラー。

Last-But-Not-Least Lola シリーズ
4冊出ていますが、アメリカならず、
オーストラリアやカナダの小学生に大人気のシリーズです。
英語の得意な人はきっとこちらも楽しく読めると思います!

-

親子イラスト教室@ Musica Soave

Eさん親子の作品



Eさんはリースを可愛くまとめてスケッチをしました。
かなり正確に捉えていました
いつものイラストエッセイのキュートな感じから
きちんと描かれたこの絵はずいぶん雰囲気が違い
またそれも良い感じだなあと思いました。

この絵の良さは
ふっと力を抜いているところと
ぎゅっと濃縮して描いてあるところが
バランスよく存在していることかと思います。

ものをよくみて描く、
それはイラストエッセイでお子さんを
シンプルな線画で描くときも
ちゃんとまずお子さんをスケッチしてから描く姿勢から
培われたものだと思います。
なんだか明るくて良い年を迎えられそうな
いいリースの絵になりました。

Tくんは
水彩を使って今回は自由に描いてくれました。
本当に残念なのですが
私の携帯がとっても調子が悪く
Tくんのもっとすごい作品(雨が降っているやつ)が
保存されておらず
その手前のものしかないのが残念です。

Tくんは赤ちゃんの時からこの教室にきているのですが
最近、とってもお絵描きが好きになり
一枚の絵をじっくり時間をかけ完成させるようにもなりました。
お母さんが描いているのを見ると
なんでか自分も描きたくなっちゃうのですよね

自由にたくさん描いて欲しいです♪





総勢4名のボーイズたち
初めてあったのだけれど
本当にすぐに打ち解けて遊びに遊んでおります。



Kくんの作品


K君は妖怪も好きだしポケモンも好きだし
そして何より毎回作りたいもの、描きたい絵が溢れてあります。
クレヨンが水を弾くのを楽しんでいます。
でも今回はお友達と遊ぶ方が楽しかったみたい。
次回またたくさん描いて欲しいです!

初めて参加されたOさんのお母様

初めてとはいえ
高校では美術部だったということ
透明感のある草花を丁寧に描かれていらっしゃいました。

おしゃれな雰囲気のある絵です。
やはりセンスというものは親子で受け継がれるものなのかもしれません。

絵を描く時間はなかなか持てないかもしれませんが
ぜひまた筆を取って描いていただきたいなあと思いました。



Hちゃんの作品




今日は折り紙で星のオーナメントを作りました。
単純な形を合体させて星の形にするのですが
工作は根気と正確に切る、貼るに精を惜しまないと
とてもきれいに出来上がります。
Hちゃんはコツコツと作りあげて
一度教えると後はしっかり自分で工夫して
とっても素敵な星が出来上がりました。

そしてその後イラストを描いたのですが
またここで私の携帯がポンコツに。。。
いつもは丸い顔の女の子を描くのですが
ちょっと大人っぽいアニメ調の絵を描いたのです。

日本の子はこんな風に
アニメのお手本と自分の絵をいったりきたりして
大まかですが「絵の世界」の把握をしていくのだと思います。

そういう意味でHちゃんのエポックメイキングな絵だったのですが。。

いったりきたりしながら
Hちゃんの絵が出来上がっていくのが楽しみです!


Sちゃんの作品


Sちゃんは受験を控えているので
今回はきっとお休みだと思っていたのですが!

さっと来てりんごをサクッと
必殺仕事人のようにリアルに描き
次に今描きたいアニメ(ちょっと昔の雰囲気の)を
ゴリゴリと描いていきました。

このりんご、すごくないですか?
なんというか目の解像度がハンパナイ!

Sちゃんの健闘を祈っておりますよ!!!
普段の力が出ればきっと大丈夫

フレーフレーSちゃん!!

-

絵画教室@Nandaro

今年最後の教室です。

Kさんの作品


Kさんは自宅でシクラメンの花の鉢を絵にされました。
くきの重なり、花の形
葉っぱの色の違い
とっても丁寧に時間を描けて仕上げてきました。

この茎の重なり、最初見ると
何が何やらですし、複雑でとってもじゃないけど
描ききれない!!となるのですが
不思議なことに描いているうちに
それが楽しくなってくる瞬間があるのです。

絵のマジックタイム!
それがわかると、また絵を描きたくなります。

そしてその複雑さにタジタジとなり
描ききれない!!となり(以下ループ 笑)

Kさんの絵へのアプローチが
とても軽く、楽しげになっていることが
本当に素晴らしいと思います。

今回のチューリップもなでるように
かわいいと思いながら描いたのが伝わります。
白い細かい花も、少しブルー系を使って花びらを描きましたが
はしょるところを「正しくみてはしょって」いるので
リアリティがあります。

この一年、Kさんはとても腕をあげてきたと思います。
拍手!!

A.Kさんの作品

いつもは別の教室にいらしていますが
都合がつかずこちらに顔を出してくれました。

今回は自画像に挑戦。

自画像は最初自意識との葛藤から始まります(笑
もっと目が大きかったら、とか
このシワなんとかならんか、とか
いろいろ注文を鏡につけながらいうのですが、
一旦絵のマジックタイムが訪れると
そこにある顔の中の風景、
鼻の山とか
目の湖、など批判の視線から
「そこにあるものをただ見つめる」視線になるのです。
そこにある形と光を追うようになると
しめたもんです。
なぜなら、そこに本当の美を見るから楽しくなるのです。

どこが一番影として暗いか
唇や髪の毛の色に惑わされずに描いていくと
不思議と似せようと思っていないのに
にていくのです。

Kさんは顔型を追って
目鼻と自分の頬の影までいくと
そのマジックタイムに入っていったと思いました。

そして本書きした時
大胆に一色だけ水彩を使って
アクセントに色を入れ
最初に描いた自画像としては
なかなか力の入ったものになったと思います。

目を描いていた時
前回の「ビー玉」をみた時のように
影と光を注視して
それが生きたのかと思います。

時々自分の顔をじっくりとこんな風に
見る機会を持つのも
怖くない、いいものでしょう?(笑