FC2ブログ

E QK room

絵日記マンガ、絵本、日々の事など
-

イラスト・スケッチ教室 1月火曜日のクラス

つばめタイトル1
三浦半島の早咲きの河津桜、の中でもとりわけ気の早い何本かが咲きました。
河津桜はソメイヨシノよりも赤くて
見るとおきゃんな女の子をみているみたい。
初春や〜^^

Hさんの作品
Hsantbm1.png
Hさんは目的が定まるととっても筆が早くなります!
今回はこのトートバックに絵を描く、というところから始まりました。
特別な「水で色がなくなる」という顔料で下書き、
その後絵の具でバックに描いて行きます。(早い!)
全部が乾いた後、霧吹きでシュッとやると不思議!下書きが消えました!

その後中国のめんこい男の子の人形、
みかんや金柑をスケッチ。

Hさんが得意とする「顔が付いている」物は
本当に早く捉えられるようになりました。

Kさんの作品
Ksantbm1.png
湘南ゴールドを描きました。
黄色と、まだ青いところの違いを
マーカーで塗って仕上げようとしたのですが
全体に緑が濃い、ところが意に沿わない。
なので一度水を乗せて拭き取る、という方法で
淡い緑を目指しました。

フルーツのことを中心に描かれましたが
葉っぱのめくれたところの描き方もとても丁寧。
また影もとてもいい質感だなあと思います。

実は自分が一所懸命描いてないところ、に
今までの成果が現れる、しかも力が抜けていていい感じ
というところが絵の面白いところです。

KSさんの作品

Tsantbm1.png

Kさんのおしゃれな線は唯一無二です。
金柑のかわいらしさと言ったら。

今回Stuart Davisさんの画集を持ってきていて
それをお見せしたら、ピッタンコだったみたいで!
黙々と模写をされていました。

その中でも好きな構図のものが見つかり
色を乗せて行きました。

こういうモダンな切り絵のような構成は
色と形の追求が問われます。
これから自分の絵に戻るとき
この飄々とした感じを持ちつつ
画面に組み込まれたらサイコー!と思います。

Yさんの作品

Yさんは独学で人形を作られる作家さんです
IMG_7743.jpg
び、びっくりではないですか?
こんな繊細な表情、髪の毛や服までも全部、全部ですよ!手作り!!
すごいとしか言えない!!

今回はこの人形をスケッチしていただきました。

Ysantbm1.png

レモンに寄り添って。。
可愛い。。

ご自分で作られているので
人形をスケッチすると、表情が生きてて
人形じゃないみたい!

Yさんの好きな世界、
これからどういう風に作って行きたいか
そういうものをお聞きしながらスケッチしていただきました。
構図の取り方も面白いし
本当に独特の世界が出来上がっています!

人形を作りながら
あれこれストーリーも考えておられるようで
これからそっちの制作も見せてくださるかもしれません♩

スポンサーサイト
-

レジンをやってみた

IMG_7675.jpg
レジンをお持ちの生徒さんが
教室に持ってきてくれました♩

すごくたくさんのキラキラした物と
あとミールというお皿などなど
なんだか興奮してしまいます!

IMG_7678.jpg
色を混ぜたり
スパンコールやパーツ、シールなども組み合わせたりして。。
IMG_7680.jpg

ランプで焼くとあっという間にキラキラアクセサリーが出来上がりました!

IMG_7679.jpg

他にもボタン!なども作ったり
これは楽しい!!

Category : DIY
-

絵画教室@Bouquet Garni 1月


ピンと冷えた空気
身が引き締まります。

お正月に散歩をしていて
不思議な植物を発見。
三浦の姉妹都市、オーストラリアのウォルナンブールより寄贈された
シマナンヨウスギの葉っぱだそう。
かなり硬くて、プラスティックのような質感!
こちらと、香合、お借りした人形を今回はスケッチしていただきました。
IMG_7651.jpg
IMG_7652.jpg

Kさんの作品
KsanBG1.png

Kさんはまずスケッチして
クロースアップでのシマナンヨウスギを描きました。
細かくて規則的な葉っぱはなかなか難しいところですが
一度規則を覚えると
全部同じ調子で描かなくても、その形が端折った物にも現れると思います。

今回Kさんは自分なりの画面作りに挑戦しました。
曲がったところから少し茶色い葉っぱになりかけていて
その色の乗せ方に工夫をしました。

自分の描いた絵の上に、違う色を乗せるのは
少し抵抗がありますが、塗ってみたら立体的になり
曲がった様子がうまく出ました。

Tさんの作品

TsanBG1.png

シマナンヨウスギ、難しい!と言われながらも果敢に挑戦。
奥にある陶器の香合のつやと
杉の硬い感じの描き方の違いが出ています。

香合のふたのカーブなどもよく観察し
何度か膨らみを大きくしながら完成へ持って行きました。

じっくりじっくり色を重ねて
質感を表現されるのがTさん。
今回も香合の青が深いですねー

Yさんの作品
YsanBG1.png

Yさんはこの木彫りの人形を見るなり
これを描きたい!と挙手されました。
イギリスの作家さんの作品だそうで、
なんともいえず静かで雰囲気のあるオブジェだな、と思いました。

顔の表情がないのと
洋服の色が白、というところで
Yさんは、影に挑戦することになりました。
顔の木の肌の色、髪の毛の色
そして首のあたりの影。

惜しくも時間切れで全部の影が描けませんでしたが
影は一箇所だけつけても落ち窪んだように見えるのですが
全体に同じ調子でつけていくと、不思議と一体感が出てきます。

Yさんは形の取り方は正確に取れるので
影や質感の挑戦をしていくと
とてもいい作品になっていくと思います。

-

QKなる日々 10話 白い、大きい


qk manga10

マヌルネコ(wikipediaより)
User:Abujoy

smlManulZooEdinburg.jpg

-

QKなる日々 9話 静かな理由

明けましておめでとうございます。
今年もマンガ楽しんでください♩
mojituskiE19nengaNOAD.png
qk manga9

該当の記事は見つかりませんでした。