FC2ブログ

E QK room

絵日記マンガ、絵本、日々の事など
-

四月火曜日イラストスケッチ教室@うみべのえほんやツバメ号

四月に入って新たな気持ちでスタート。

Hさんの作品。
実際のかわいらしいお客さんをモデルにスケッチ。
仕上がりのふんわりした感じを目指して、エンピツを走らせます。背景と人物の関係がとても自然に描かれています。そして、Hさんらしさが満載で、そこが本当に長く描いてきた成果だと思います。
躊躇なく、自分の好きなものをその人らしく描く、それは一朝一夕にはできません。でもあれこれ試したりしながら描き進めていくと、ある日そのコースに乗っているのを発見します。そこが、絵を描く楽しみのなのではないでしょうか。
これからも楽しく描いて行ってください!

Kさんの作品。
カラスノエンドウを丁寧に描かれ、旬の筍もスケッチしました。
Kさんは最近果敢に細かいところを丁寧にみて、根気よく仕上げていくことに、楽しみを見つけられています。
「端折って描くにしても、構造がわからないと」と。これは、描きこんできたからこそ、また力を抜いて描くことを覚えたからこそ、だと思います。
素直に描かれたカラスノエンドウはキュートで絵手紙にしてもステキかも、と思いました。そうしたら、後日そのお便りがやってきました^_^

Hさんの色づかいにはいつもハッと息を飲みます。
なキリッとした青に甘いピンク、春の空気感も含んでいるみたい!
Hさんはこの紙との相性も良いみたいで
質感の違いも楽しみながら、新しい絵の境地に踏み込んでいると思います。
一枚の絵に、真剣にむかうこと。私もHさんの絵に向かう姿勢に私もとても学ばされます。

Nさんの作品。
Nさんは絵本のプロジェクトに取り掛かり始めました。だいたいページ割りも決まり、絵のおおきさ、文言とのバランスの微調整をしつつ、画材をどういったものにするかちょっとずつ試しながら、やってみました。
大胆な構図、細かい模様、nさんは自分の頭に見えるものを取り出そうとがんばっています。まだ世の中にないものを出そうとしているのだから、それは力もいるし生半可にはいきませんが、もうニッコリしながら頑張っています^_^
ラフスケッチを見せてもらうだけでも、ワクワクです!さあ来月からは筆入れです!

HEさんが遊びに来てくれました。
絵を描くのは学生ぶり?とおっしゃってましたが、このウサギさんをみて初めて描いたと思えない、センスを感じました。
人は見ているものを無意識に取り込んでいます。HEさんはきっとこんな風なカラフルで暖かいものに囲まれているのだろうと感じました。また、どうぞ絵を描きにきてください!

スポンサーサイト



-

四月イラスト・スケッチ教室@うみべのえほんやツバメ号

Aさんはユニークな能力があり
寝入りばなや、ふとした時に、自分とは全く関係ない、すこし現実ばなれした人々が思い浮かぶ事があるのです。
気がつくとそれを描きとめていたのですが、ぜひそれを、一堂にみてみたい!とそれをイラストと文章にしている途中です。
マンホールにいてニコニコしているおじさん、とかクチバシがついているのに、気にしてない女子、とかよく見ると「異形のひと」みたいな方がオンパレード。
一瞬しかみてないのに、Aさんには情報がありありと伝わってるみたいで、それを聞きながらみると、不思議なあと引き感があるのです!
ぜひこつこつ、不思議な人々図鑑、作って行って欲しいです!

-

四月の親子イラスト教室

さわやかな休日の朝、
親子で楽しむイラスト教室をムジカソアヴェさんの一角をお借りして開きました。
Uさんの作品。
Uさんの大好きな海の季節がやってきます。
Uさんはテクスチャーと色の追求をしています。今回はその上にちょっとした文字を載せて雰囲気の、ある画面を制作。こうして見ると画面の作り方も、少しずつ「自分の好み」が表れてきました。
長く続けていると、描きながら自分の好きなものを再発見していきます。
そして、そこからまた、個性が産まれていくのだと思います。

Sさんの作品。
Sさんは、絵が上手く描けない、とおっしゃりハンコを掘るのを中心にやってきました。
ここにきて、お友だちや娘さんの顔をハンコにするので、軽くデッサンしてからハンコにすることにしたのです。そしたら!ただハンコを掘っていただけなのに、絵も同時に上手くなっていたのです!
そしてお遊びで、親子で顔を紙に写し描くのをやってみたら、大評判!かおの立体がわかって楽しい^_^

Eさんの作品。
一つ大きなプロジェクトを終え、Eさんは次に着手まで少々アイドリング中。
なので顔の写し描き、やっていただきました!
描かれているほうはこそばゆいしもちろん正解に描き写せないのですが、出来上がったものをみてみると、似てる!となるから不思議です。

Yちゃんはユニークな「トリ・ストーリー」なるものに着手。yちゃんはどんどん色のセンスが良くなってきています。

Kちゃんは今回は時間があまり無く、ぽっちりしか描けませんでした。
なにがはじまるかな?来月をたのしみに。

Tくんは力強くマーカーで描いていきました。
マーカーが気持ちよく出たり
カーブを描くとき爽快な気持ちになったり
そういうところから絵の楽しさは始まります。
また描きながらストーリーがうまれて、絵を描きながらある体験をするのですよねー。また描こうね

飛び入りさんかのKちゃん。
くまさん、にじ、ウサギさん
「同じもの描いてる」とおうちの、かたはいうかもしれません。けれども、突き詰めるとアーティストは毎回同じテーマを描いているのかもしれません。
Kちゃんは紙いっぱいに好きなものを描いて、それが絵が好き、ということがありありと伝わってきました。

該当の記事は見つかりませんでした。