FC2ブログ

E QK room

絵日記マンガ、絵本、日々の事など
-

イラスト・スケッチ教室@うみべのえほんやツバメ号 日曜日のクラス



KSさんはもともと火曜日のクラスですが、
今回日曜日に顔を出して下さいました。
KSさんの描く絵は、線がとてもユニーク。
何を描いても、彼女らしさが出て線の強弱にオシャレな雰囲気が表れます。
ずっと写実的に描いてみたい、、と仰っていて、
少しだけ「面で描く」ということをアドバイスしたのですが、
今回はこのクラスの理念である「その人らしさ」に立ち戻ってもらいました。

ベン・シャーンの画集をみて、参考にしてもらいました。
線のかっこよさと、バックにテクスチャのある色面を、
と提案してみたら、予想を上回るすてきな画面になりました!
ぜひここから、KSさんの良さが現れる絵が出来上がると良いなーと楽しみです!
大成功!



Aさんは、今回チラシにのせる似顔絵を描かれました。
ご主人のお顔、毎日見ているけれど、改めて写真をみてから一度スケッチを、と提案してみました。
実際に人の顔を見て描くと(または写真を見て)、
頭の中にある
「目、鼻、口」の記号、
から一旦自由になります。

これがデッサンの本質だな、と思うのですが、
そのときは出来上がったもの(結果)、ではなくて
指に残る記憶(プロセス)、がたぶん大事なんだな、と思うのです。

そして、できた似顔絵をシンプルな線でなぞると、
ただ描いた線よりも説得力があるものになります。
シンプルだけど、
その分だけ目に止まると思うのです。
キュートなチラシになりそうですね!

そして、いつものプロジェクトにも
ぜひ応用したいスタイルです⭐︎


Mさんの作品。
久々のご登場!でした。

Mさんはこれから2ヶ月、
このモフモフちゃんを主人公にした紙芝居を作るのに、
意気込んでやってきました。

紙芝居のコンペが冬にあり、
以前から構想を練っていたものを紙芝居にしようと考えました!

モフモフちゃんのとぼけた可愛らしさと
いろんな動物とのふれあい、
のハートフルなお話です。

マイペースで楽しんで、
ぜひ進行していってほしいです!がんばーー



Kさんは先月次々と丸を、そして色面を描いて行きました。
今月は、過去のフィールドノートにスケッチしてあった植物をみて
アジサイをスケッチしてみては、と提案してみました。

繊細な色、そして形の取り方は正確!

そして、色をぬりながら
どんどん新しいものが「見えて」きます。

例えばガラスの反射。
例えばゆがんでみえる水の中の茎。

それは絵を描いていくと
どんどん細かく見えていきます!
そこに2回目にして気がついたのはなかなかです!

見えたまま、見えたように描く工夫をする。
意外と濃いグレーだったり、
曲がった茎はガラスのカーブを表したり
それを写しとるような感じで見ていくと、
絵が深くなっていきます。

Kさんの素直なアプローチが絵に表れましたね!

スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。