FC2ブログ

E QK room

絵日記マンガ、絵本、日々の事など
-

絵画教室@Bouquet Garni

珍しい、シラーズの発泡ワインをいただきながら
おいしいランチの始まりです!
ビーフストロガノフが
絶品!

Kさんの作品

はしりの、三浦のスイカを大胆に真ん中に置いて
水彩で描いていきます。
Kさんがのびのびと筆を走らせていくのですが
形はわりと正確に捉えてきています。
スイカなどは影が見えにくいのですが、
これから影がどんな風な色になるか、を
じっと見て行って欲しいと思います。
楽しさが伝わる絵がいちばん!
Tさんの作品

ガラスでできた丸いオブジェは
ヨーヨーみたいです。
Tさんはつやつやした表面の光の部分を
紙の白を残して丁寧に描いていきました。
そして、手前にある椿の実の、くるん、とカーブした形。
Tさんは実はこの葉っぱが描きたいのだと思います。
前々から、手前から向こうにカーブしているもの、に苦手意識を感じてらっしゃるのですが、
多分Tさんの次のステップがここにあるのだと思うのです。
目に見える形は、頭では「葉っぱ」で楕円、とあるのですが
見えたままの形、それは頭の記号の葉っぱを裏切るわけです。
見えたまま、描くって
実は難しいのですよね。
素直に形を写し取る、その練習をしていきましょう!
するっとある時からできる、のですが、
その瞬間はある視点が開通するような気持ちの良い感じです!もうすぐですー!
Yさんの作品

チェッカーベリーという、かわいらしい赤い実をYさんはモチーフにしました。
葉の繁って、重なったところ
そこから覗く、かわいい赤い実、
白くておしゃれな鉢。
思わず描きたくなるモチーフです。
そして、配置など正直に写し取られていきます。
Yさんは、形を把握するのが得意なのです。
Yさんは、家でもスケッチしてきてくれました。
チェリーセージの小さな花を
こちらもうまく紙に納めて正確に書かれています。
Yさんのポイントは色で、どういう風に
影や形の重なりを表現するか、です。
色がどんな風に光で変わるのか、その目をどんどん研ぎ澄まして行きましょう!
今まで赤と認識したものが
いかにいろんなバージョンがあるか
きっと描いていくうちにどんどん見えていくと思います。
Oさんの作品

こちらは、美大卒の方です。
プリズムに写る微妙な影と色
アンティークの小さな小鳥の針刺
その組み合わせを水彩で、黙々と描いていきます。
プロであってもデッサンは欠かせないものです。
デッサンで、じっとものを見つめて
手を動かすのは、
運動選手が筋トレするような感じににていると思います。
見ていくとさらに見えるその先の色、
その目を通してこちらも感じていくのが楽しいです。

スポンサーサイト



-

親子イラスト教室@Musica Soave


Uさんの作品

ネットでみた画像で、Uさんが好きそうな水彩の絵を持って行きました。
"Never enough blue"
という言葉もまたステキで、Uさんも好きな青だし!とお見せしたら、
ビンゴ!でした。

こういうシンプルなもの、見ると
「ふんふん、こういう風に丸を作って
細く茎を描くのね」と思ってやり始めると
意外とこれが思ったようになりません。

ぽってり丸く、うまく紙に乗る水彩の量、
どれくらい乾いたら、茎を付け足せばいいか
紙の質はどんな感じが、自分が目指しているものと合うか

コレというものに行くまでお試ししなくて行けなくて
そこを楽しめると、辛抱の時間が短いように思います。

ターコイズグリーンの水彩が
紙、時間、量ともうまく行きました。
こういうことがだんだん積み重なって
シンプルな絵が出来上がるのだと思います。

Sさんの作品

Sさんは最近、一回の教室で一つのスタンプが完成できるほど
腕を上げてきました。

青森の版画家、さとうよねじろうさんの豆本がうちにあり
郷土玩具の鳩笛や鬼のお面の小さな版画集を
今回参考に、とお持ちしました。

色面によって版の数が変わりますが
どれも2〜3で、これならばきっとSさんは挑戦できるのでは
と思いました。

とてもかわいらしく文字もカクカクしていて
版画がもつ素直な雰囲気がSさんにぴったりと思いました。

頭、輪郭、顔
もうすでに版分けしていて
「版画の基本」をすぐに頭に入れていらっしゃることがわかりました。

ユーモラスでカラフルになりそうな予感です!


Kちゃんの作品

貝拾いをしたKちゃん
フレームに上手に貼っていって
その中の絵も描きました。

最近は馬がとってもお気に入りで
馬が題材の絵が次々と出来上がります。
この後は、セロファンでタピオカドリンク作りに精を出し
教室内で銀行まで開くほど。
お子さんたちのクリエイティビティには
本当脱帽してしまいます。

Yちゃんの作品

Yちゃんはスクラッチで花火の絵を描きました。
ちょうど下地にいいネオンカラーのクレヨンがあって
それを丁寧に丸く塗り分けて行きます。

このスクラッチ、下地を作るところで
飽きてしまうお子さんもいるのですが
Yちゃんは仕上がりを頭に浮かべて
とっても丁寧に根気よく塗っていきました。
だからどかーんと、大きくてカラフルな花火!

そしてYちゃんも、タピオカドリンク店へと引き抜かれて(笑)
透明のセロファンで本物みたいなストローを開発!

すごいなあ


Sちゃんの作品

Sちゃんは絵がだいすき。
韓流スターの絵を自宅で描いて
それを見せてくれました。
写真から鉛筆の濃淡を工夫して
「触れるような」感じに仕上げて行きます。

教室で、自由に描いてもらいながら
今は点と点であるイラストを
ある流れに沿って作って行けないか、ということ
具体的にはストーリーと絵を組み合わせて。。ということを
話をしました
どんな風になるかしら
楽しみですねーー♬

該当の記事は見つかりませんでした。