FC2ブログ

E QK room

絵日記マンガ、絵本、日々の事など
-

明けましてずいぶん経ちましたがおめでとうございます

ちょっと前から
ステンシルを絵のところどころに使っています。
今回のネコズはステンシル。
ステンシルがかもし出す
昔っぽい感じと、ちょっとストリートなムードが好きなのです。

実はネズミが苦手。
満を持して、うちのネコズに活躍してもらいました。


2020EMIKOnengaNOADD.png

スポンサーサイト



-

親子イラスト教室@Musica Soave

Sさんの作品

Sさんは、ヤツデの花をまずスケッチするところから始めました。
これはなかなか珍しいことです。
絵に対しての苦手意識の話もしてくれました。
みんな小さい時の、大人の言葉や
人と比べてしまって、面白く無くなって
絵から遠ざかることが多いのですね。

こどもはのびのびと絵を描きますが
あるところでそれが評価の対象になったり
見たものと自分の画力のギャップで
楽しくかけなくなっていくことが多いみたいです。
特に今のお子さんは、コンピュータの絵を見ているので
手のオーガニックな感じが
雑味があるように見えたりすることがあるようです。

前置きが長くなってしまいましたが
でもやはり心の奥に、好きだな、っていう気持ちがあって
Sさんみたいに、消しゴムはんこをせっせと作るうち
その下絵を誰に見せるでもなく描き(←ここ、大事みたい)
そしたら上手くなっていた!
といういいことがあるのです。

今回は難しい半球体の形に蕾をつける
宇宙人の花みたいな難しいヤツデの花を
蕾の丸い部分だけまず写し取って
その後茎をつける、という気持ちで描いてもらいました。

Sさん、自分の評価は辛口でしたが
とても立体的に捉えられていて
とってもよく描けていると思います。

またスケッチしましょうね♪

Kちゃんの作品



Kちゃんはカレンダーを自分で作ることにしました。
数字はハンコで押して
その一ヶ月にふさわしい絵を
丁寧に描いて行きました。
一月の着物の女の子は難しい着物のフォルムも
ちゃんと資料を見て描きたしました。
こういう努力を惜しまないところが
絵を上手くする秘訣。
二月の絵は、ラフで描いた方がよく行ったので
それは貼り絵にして
しかも手前と奥に工夫して貼って行きます。

Kちゃんは絵を描くときに決して投げ出さない。
ちょっとした失敗も、
こうすれば乗り越えられる、といろんなアイディアを持っている。
それがきっとじっくり描ける自信の元なんだろうな、と思います。

ゆっくり出来上がっていくカレンダー
楽しみだね!

Sちゃんの作品


Sちゃんは最近、ちょっとデザイン的な絵の描き方をしてみたそうです。
大好きなKpopのグループを
写真から描き出して
少しだけ色をつけ
これを携帯に取り込み、着彩していくとのこと。

ここに今のリアルがあるなあと感心してしまいます。
そもそも絵を描くのが大好きなので
いつもいつも描いているSちゃんは
デジタルだろうが、アナログだろうが
行ったりきたりしても
「描きたいもの」に行き着けるのです。

濃い鉛筆で、迷いなく人物の集合体を描いて!
しかも足の描き方がとっても上手く!
着彩もデジタルのところと
アナログのところと完成図を考えて作っていく。
揺るぎがない!

きっとこれを才能っていうのだなあ。

-

絵画教室@ Bouquet Garni

一月初めての絵画教室。
キリッとした白をいただきました!!!
イワシと卵のサラダ、ドンピシャリ。
こっくりあったかいスープはポテト×ブロッコリ。
そしてエビとホタテのツナソースは
ほんのり甘さのある優しいお味でした。

パネトーネのパンも美味しくいただきました♪



Kさんの作品


今日は桜とネコヤナギの枝の絵を描きました。

長い枝を辿っていくのではなく
まず間隔を開けて花と蕾の位置をあたってから
その後枝を伸ばしていく、という描き方をやっていただきました。

「枝の灰色、ベージュを出したい」というKさん。
色々描き方はありますが
どこが光っていて、どこが影か
そしてその影はどんな色か、をよく見てもらいました。
そうすると薄い色の幹は後から浮き上がるようになります。

描きたいものを、ついつい強く描きすぎてしまうことありますよね。
そのバランスをフィニッシュからの視点からみながらとる、という
ちょっと難しいことを考えていただきました。

Tさんの作品


Tさんのものの捉え方がだいぶ絵画的になってきたと思います。

手前にあるものが枝垂れたり
カーブして見えるものを
「そのまま写し取る」
方が紙の上では立体的になります。

でも、こう、自分の方にカーブしてあるのだ!
という事実(左脳)と
見えるのは丸い玉だ(右脳)
との戦い(?)です。

どうしても「描いたものを美しくしたい」という気持ちはあるのですが
こんな風にスケッチしている時は
見えたものを記録、という気持ちで
何枚か描いていただければ、、と思います

その後、それをふまえた絵を作ると
きっといい絵になると思います。

Yさんの作品



いつもながらYさんは黙々と描きとっていきます。
最初は薄く、徐々に位置を確かめ濃く描いて行き
細かいところまでよくよく観察しています。

Yさんは集中力があって、
形のとり方など正確にできます。

桜の蕾の付け根の力強さを発見。
「普段こんなにじっと見たことがない」と。
絵は、ただただ見る、しかもじっとみるということに尽きますね。

ぜひ色の美しさ、紙の上で楽しむ感覚も
伸ばしていって欲しいと思います。

該当の記事は見つかりませんでした。