FC2ブログ

E QK room

絵日記マンガ、絵本、日々の事など
-

親子イラスト教室@Musica Soave

Uさんの作品


フレッシュなグリーンと
スッキリブルーで色面作り
筆に保持される絵の具をただひたすらに
一本ずつ習字のようにまっすぐと…
ってこれはちょっと李禹煥に影響を受けた?と聞いたけれど
そうではなかった!
今は便利ですね、ネットで探すと
すぐに作品が出てきました。
禅を感じさせるような作品
ぜひ堪能して欲しいと思います。

他にもも、ちょっとした思いつきから
ティッシュをたんぽのようにして
花のような色面を作りました。

色を楽しむことから
アイディアが広げられるのは
頭が柔らかいからだと思います。

Uさんの創作は、描いて終わり、ではないところがあります。
またきっとこの色面を
カットアップして別の作品に仕立てるかもしれません。

感覚の赴くまま作るのが
側から見てもとても解放されるような気持ちになります。


Sさんの作品


Sさんにはマティスの画集を持ってきました。
マティスの踊る女の絵を見せたかったのです。

人が手を繋いでいるところと
木を描いたのですが
どうしてもあまりうまく行かなかった、という思いがあるそうです。

画集を見ながら
踊る女たちのそれぞれの体の向きや
足の形、重心のかかり方
そういうものを絵から感じとり
今日はSさんはずっと模写をしていました。

ちょうど木の周りを取り囲むような絵があり
手と手を引っ張ったり
踊りながら足の向きなどがどうなっているかなど
とても熱心に模写、とてもよく見てスケッチできました。

スケッチは、言ってみれば
絵の筋トレみたいな感じでしょうか
誰に見せるわけでもなく、自分で形を把握するためのもの。
そう言いつつも失敗が怖いのですよね

でもちょっとずれても
位置が違ったらまたずらして描くと良いと思います
失敗しないと上達しないのが絵です。
たくさんたくさん描いて、手に教え込んで行ってください!

しかし、ずっとハンコを彫っていたら
絵が上手くなった、という珍しい判例を作ってくれたSさん、すごいと思います!

Yちゃん&Kちゃん



今日は思いっきりスライムで遊んでもらいました!
少し絵画からはずれますが
この綺麗な色は抗いがたい魅力があります

スライムにビーズなどを混ぜて
スイーツを作って
大掛かりなお店やさんの始まりです。

ごっこ遊びは「物語を外にだす」行為だと思うのです。
物語を考えながら、それも演じ、その小物も作っていく。
彼女たちはお店やさんごっこをしながら
お金や、カードや
仕入れや、サービスなども盛り込んで
工夫しながらお店を回していきます。


紙で作った野菜も
それの説明文のポップも
自分たちの身の回りのものをよく見て作っています。

二人を見ていると、小さな世界を作っているようで
本当にワクワクしてきます。

Sちゃんの作品


Sちゃんは、デジタルとアナログの垣根のない
創作をします。

小さい時からとにかく絵が好きで
戸惑いなく、毎日絵を描いている模様です。

写真を見ながら描くことが多いので
教室では時々デッサンをやってもらいます。

ミニ石膏があって
まず、見えない立方体を描き
その中でどういう向きで石膏を描くか、の訓練です。

Sちゃんはテクスチャーのかき分けなどは
とても得意なので、とにかく
内部の構造(人の場合は骨格)をよく見て描く
ようにと伝えました
今の絵がさらに重さや存在を感じさせるようになると思います。

そしてほんのちょっぴり言っただけで
Sちゃんはすぐに自分のものにできるのがすごい。

リアルに描くことだけではなく
ポップな感じだったり
人をコミカルにも描いたり
いろんなことを自由に描いていくSちゃん。
たくさんいろんなものを見て
吸収して言って欲しいです!

スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。