FC2ブログ

E QK room

絵日記マンガ、絵本、日々の事など
-

親子絵画教室@Musica Soave

なんだか、長い長い梅雨が
今年はこたえるなあ、と思っていたら
久々にからっと晴れて気持ちの良い日曜日になりました。

Uさんの作品


海が大好きなUさん。
シンプルに見えて
層が深い、けれども透明な色が魅力の海。

U さんは、最初緩衝材のプチプチで作ったたんぽを使って
色面を作りました。
Uさんは季節とともに選ぶ色が変わ流ので
目が欲する、その季節ごとの色ってあるんだなあ
と思わされます。

ふと、「海の色を毎回描いても描ききれない」
と漏らしました。
この「不満」が次のステップです。
●ではどう見えるのか
●それはどうしたら描けるのか
それを探って行きましょう。
その時、フラストレーションが溜まるかもしれません。
でも、そこを、ちょっとずつちょっとずつ探るように行きましょう。
きっと海の深さや
透明感がUさんらしい形で出てくると思います。
let's探求!^^



Yちゃんの作品


Yちゃんもプチプチのたんぽを使って
まずはぶどうのような模様を作って楽しみました。
そして、「大きい絵」の合作コーナーで
手のトレースをして、そこから出来上がる形を絵にして
「足もやりたい!!」と裸足になって
だんだんワイルドに
鳥や動物の絵を楽しみました。

Yちゃんはおしゃれで、洋服やイヤリング
お店やさんに使う商品に興味があって
よく丁寧にものを作るタイプ。
でも今日は体を使って
男の子たちと一緒になってクレヨンを使いました。

絵にはいろんな種類があって
どれもそれぞれの良さがあります。
でもこうやってエネルギーを直にぶつける
感覚を放つような絵は
純粋にいいなあと思います。
大人にはない、天衣無縫のエネルギーを紙に放出!

見ている私もさっぱりしました^^

Sさんの作品


Sさんは今日は「絵の具」と決めてやってきました。
写真から描いていって
じっくり肌色の影を見ながら
色を作って行きました。

「肌色」はそれぞれのイラストレーターにとって
自分の肌色、と配合が決まっているのではないかと思います。
微妙に黄色が多い人
赤がかっている人、イラストレーターの感覚がでるなあと思います。

Sちゃんは今日大いに悩みました。

「影が汚く見える」
グレイを混ぜるとトーンが低くなって
それを塗り直すと紙が持たなくなってしまう。。
そこで絵の具の白が無くなって、
今日は時間切れとなってしまいました。

人の肌と影のテーマ、次回もう少し一緒に詰めて行きましょう。

そして、デジタルでやったら、そんなこと
一発で終わってしまうのに
それを自分の手でやろう、とするところがいいところです。
Sちゃんもlet's挑戦ですね⭐︎
(↑キャラが不思議な今日この頃。。。笑)

Oさんの作品


Oさんは
水彩の「ある感覚」を先月から求めている最中です。

水彩は、
濡れている時と
湿っている時と
乾いた時と
重ねる色が全く表情が変わります。

それは紙と、水分量と色の濃さと
いろんな配分によって決まるのだと思うのですが
Oさんにとっての気持ちいいあんばい、があるのだと思うのです。
同じ色でぱっと見は「いいのでは?」と思うところがあるのですが
こっちはよくて
でもこっちは違うのだ、と説明してくれました。

それが見ている私にもだんだん伝わってきました。

感覚の言葉っていうのは難しいのですが
紙の上での
Oさんの真摯な塗りの格闘が
わかった途端に伝わってきて、
もうなんだかエキサイティング!なんです。
(だから、キャラが不思議↑。。私)
来月も一緒に感覚の森を探索しましょう!

Kくんの作品


Kくんは根っからのアーティストなんだなあ、と思います。
描く時に、描くもののモノローグや
説明をしながら描いて行きます。
大きな紙は、Kくんの世界を表すには小さいくらいです。
本当は部屋いっぱいに紙を敷き詰めて
Kくんの世界を表現してほしいと思うほど。

Kくんは家に帰っても
描いた絵をまた本に貼ったり
それに付け加えたり、
また描いたりして
制作活動がループ状に回って行きます。
そこがまた、見ていて熱くなるようなエネルギーです。
かっこいい。。

たくさんたくさん描いてくださいね!!

Hちゃん&Mちゃんの作品




仲良し二人組は
まずたんぽとステンシルでたくさんの模様を作りました。

Mちゃんはそのあとマンガを
(写真をとったはずなのに、ない〜〜)
Hちゃんもイラストをコツコツ描いて行きました。

Mちゃんは、マンガにとても親しんでいるので
一つの絵を描く、よりもストーリーに乗せて描いていくのが
すきみたい。
次回はペンを使って、コマ割りして
マンガを描いてみましょうか?

Hちゃんは独特のキャラクターを丁寧に丁寧に描きます。
淡い色ややさしい線
そういう世界が好きなのだと思います。

今日作った色面や、
パステルなんかもぜひ使って
もっと好きな世界を見せてほしいと思います。

スポンサーサイト



-

イラスト・スケッチ教室@うみべのえほんやツバメ号 火曜日のクラス

Hさんの作品

スポーツ大好きな少年のGou君 のイラスト。
守備は固く、道路へ飛びださないようにドアを守ります。


ポスターを描くとき、
文字も作品の一部となります。
ポスターははっきりした色で読みやすく、
短くシンプルな言葉を使わなくてはいけません。
Hさんは袋文字にして、
カラフルに色を分けてしあげました。


オレンジのバックにしたのも目立って良かった。
こうやって、自分で作ると、
世の中のポスターにも目が行くのではないでしょうか。

そこで作っている人たちの仕事を
推測したりするわけです。


ものをつくることで、創造力、また想像力もつけてくれますね。


Kさんの作品


今日はぶどうをスケッチしてもらいました。

ぶどうは一粒一粒を追って描いていくと
最後の方で辻褄が合わなくなるので
まずは大きな塊で見ていって
ツルの場所を決めながら
山脈の陰影をつけるように
粒を決めていくと、粒の配置がうまく行きます。

Kさんは鉛筆で下書きし
大胆にマーカーでアウトラインをつけて
水彩も混ぜて、陰影をつけていきました。

さっと描いて、その存在が「そこに在る」感じを出したい。

Kさんの最近の思いと
Kさんの描き方がだんだんと繋がっているように思います。

今度は、スケッチと、「さっと描く本絵」を
別々にしてみたらどうだろうか?
提案してみようと思います。

Nさんの作品


大団円を迎えているNさん。
ほとんどの絵が終わり、台紙につけていくところまできています。

この絵をまだ一度も全部並べて見ていない、ということで
ここで仮決めの配置もかねて
全部を出して見ました。

圧巻です!

出だしのスローでシンプルなところも
エンディングでキラキラと美しくきらびやかになるところも
Nさんの思いをのせていて
初めて作ったとは思えない出来栄えになったと思います。

絵本という表現は
できたものはシンプルなだけに、
簡単に気楽にできるように思われがちです。
けれども、一度それを作ると
ラフを描き、練り直し、絵を作り
お話を描き。。。
本当にやわではない、ということがわかると思います。

Nさんはお仕事のかたわら、この教室に通って
一年半かかって作り上げました。
なかなかできることではありません。

この作品にのせた思いは
きっと同じように立ち止まっている人に
励ましを与えると思います。

その熱意と、Nさんにしかかけないこの絵に
本当にすばらしい可能性を感じます。

広く色々な人に見てほしい作品となりましたね!


H.Eさんの作品


この教室は、夕方始まるので、
お仕事を終えてからいらっしゃる方が多く
H.Eさんもその一人です。

H.Eさんはその日の気分で
いろんな画材に挑戦して描かれます。
(なかなか怖がって、新しく画材を使うのを
躊躇する人も多いなか、とても勇敢だと思います!)

今回、ぶどうをスケッチしたのですが
パステルをおすすめして見ました。

丸く描いて、別の色ものせて
手で伸ばしてグラデーションを作る
最後に練り消しで光を入れる

この一連の作業は、
気持ちが落ち着く作用が在ると思います。

H.Eさんは音楽家でもいらっしゃるので
絵の特徴にも浮遊感が在るように思います。
なのでこの、パステルのふんわりとした空気感は
かなり相性が良いのかな、と感じました。
ぜひまた次回、この画材でやって見てください。

Iくんの作品


ツバメ号の展覧会を見にきて
ふらり、と体験教室を受けてくれたI君。

聞けば元野球部で、でも絵も好きで
LINEスタンプも作っている、
珍しいタイプの爽やか青年です。

まずは自由に絵を描いてもらったら
お寿司のキャラクターを描き始めました。
絵本を描いて見たい、ということだったので
まずは4コマの起承転結を描いて見たら?と提案
すると、コミカルなお寿司くんをスラスラと描いていきました。

次にスケッチの指南をしたのですが
絵を描いていきながら
「影は黒と限らないんだ」と自分で発見したのです。

まさに、そうです!
それを見て、実感していく、というところ
それを初めての教室で発見するところ
そこに「絵をかく目」が在ると思いました。

絵本を描くとしたら
Iくんにしか描けない
今まで培ってきたものを
ぜひ自分で見つけていってほしいと思います。

該当の記事は見つかりませんでした。