FC2ブログ

E QK room

絵日記マンガ、絵本、日々の事など
-

イラスト・スケッチ教室@うみべのえほんやツバメ号 日曜日の教室

ようやく秋が抜き足差し足でやってきた!?
そんな日曜日。

今日は庭のアイヴィをリクエストされました。
Kさんの作品

Kさんはアイヴィだけじゃなくて、アイヴィを包んできたアルミホイルにも
着目しました。
この面倒な作業、考えるとくらっとくるのですが
一つ一つ解体してみてみましょう。

アルミの折り目は規則性はないのですが
直線的な折り目ができています。
鏡のようにグレイ、白(光の部分)濃いグレイと
三角形のような形が並んでいます。

その感じを掴んで、それを書き写すようにすると
アルミっぽい塊が出来上がっていきます。

そして不思議なことに、その
「面倒くさい」と思っているところをちょっと乗り越えると
なんだかたのしろい〜っていうところに行き当たります。

たぶん、絵を描くたのしさってそこなのかもしれません。

後半戦はイチジクを水彩の色鉛筆で。

水彩色鉛筆をマスターされているKさんは
「後で水をのせる」という計画で
色をのせていきました。

Kさんのスタイルがどんどん決まっていくのが見ていて楽しいですね。

K.A.さんの作品


今日はカラーチャートをお持ちしました。

赤、青、黄色
この丸から、隣り合う色を混ぜて行って
虹のように色々な色を作る、基本のキのようなことです。

K.Aさんはとても丁寧に丸を埋めていき
ちょっと科学者のような生真面目さで、色混ぜをされていきました。

その成果がキリッとした階調に出ていますね

特に緑がK.Aさんの得意色だったのか
微妙なところの追求が素晴らしいですね。

そして、同じパレットで
イチジクを塗ってもらいました。

乾く前にぼんやりと水彩の赤紫を載せる、というやり方で
2回目のイチジクを描いたら
本当にぽってりとかわいらしいイチジクができあがりました。

こちらはK.Aさんが藍を育て
それを染めたスカーフです
IMG_0305.jpg
この美しい色がため息が出るようです。
自分で染めることができるなんて、本当素敵ですね
染めることも創作の一つですし
絵を描くこともそうです。
K.Aさんがこれからどういう方向に
創作を拡げていくか
楽しみです。


Yさんの作品



Yさんのカラーチャートも
Yさんの明るさがでた良いものになりました!
それぞれのパーソナリティが
カラーチャートに出てくるというのも楽しいものです。

Yさんはオレンジが出来上がった時
「この色、好きな色!」と。
やはり自分の好きな色が自分が混ぜてできあがると
ちょっと嬉しい気持ちになるものです。

Yさんはその後、このパレットで
葛の花とイチジクを描きました。

できあがりは、とってもしみじみと良い絵になりました。

チューブから出来上がった色を出すよりも
こうやって自分で色を作ったところから
「思い通りの色」を作って出すと
同じ色でも深みがあって、さらに絵に愛着が出るのかもしれない、と思いました。

また、「チューブをたくさん出して、使わなかったら勿体無い」
という気持ちを共通にお持ちで
それを一度、カラーチャートで作ると
パレット上に使えるように出されている、というところも
画面の豊かさに繋がるのかもしれないと思いました。

絵を描いていく上で後から振り返っても
マイルストーンになるような絵がありますが
きっとYさんにはこの絵がそうなると思いました。

Eさんの作品



Eさんは駐車場が見つからず
残念ながら遅いスタートとなってしまいました。

Eさんのカラーチャートは
とても「迷いのない」くっきりとしたカラーチャートになりました。
パレットでの色混ぜもムラない
紙の上でもとても鮮やかな手さばきでした!

Eさんの紫がまた今回うまく行って
この紫で何か作品を作っていただきたかったなあと思いました。

ぜひ次回、この真っ正面から取り組む感じを忘れずに
作品を作ってくださいね!

Tさんの作品


Tさんはお子さんのいくつか写真を選んで
そのほっぺ、プニプニぶりの可愛いところを
スケッチしていきました。

とても珍しい!と思ったのは
Tさんはまず目鼻から決めて描いていくのです。
そこがマンガをずっと描いてらしたTさんのスタイルなんだなあと
思いました。

今回は残念ながら短い時間で
スケッチのみ出来上がりましたが
時間の少ない中でキリッと出来上がった作品は
とても良い表情と
正確なデッサンで描かれていました。

このキリッと時間を決めて描く
ちょっとこの方法試してみようかしら?と思った次第です。

そういえば、学生の頃デッサンで、モデルを真ん中にして
円陣を組んで 五分ごとに場所を変えて
五分で形を捉える、という訓練のような授業がありました。
今度それをやってみようかなー?

スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。