FC2ブログ

E QK room

絵日記マンガ、絵本、日々の事など
-

絵画教室@Nandaro

Nandaroさんでは
改修工事が終わり
だんだんお店らしくなって来たところです。
詳しくはオープン時に☆

Kさんの作品

ガーベラの花は何度目かの挑戦、と筆をお取りになったKさん。

配置や花びらのめくれ方
水彩鉛筆で水で伸ばした後の処理の仕方など
数々成長の証が見られると思います。

その上であえて
「花の構造」という基本的な捉え方に
今回は重点を置きました。

絵を描くときに
いろいろなものを基本的な形に置き換えて見る、ということがあります。

テーブルだったら長方形の箱、
椅子は円柱


そうした時に、ガーベラの花は
「パラボラアンテナ」のような半円で
それに細い円柱の茎がついている

という風に捉えることができます。
パラボラが
上を向いているのか
下を向いているのか大まかに形を取ってから
そこから心置きなくディテールに入る。

花びら一つ一つの方向が違っていても
惑わされずにカーブが出来上がると思います。


新しいモチーフを描いていくのも楽しいですが
こういう風に、何度目かのものを再トライすると
いかに積み重なって、上達しているかが
わかる物差しにもなると思います。

また時間をおいて
ご自宅でもガーベラを描かれました。
だんだんと立体の把握されて来ていると思います。

次回またガーベラを描くときに
きっと活きていくと思います。

スポンサーサイト



-

親子イラスト教室@Musica  Soave

嵐のような日曜日でしたが
みんながやってきた時はうまい具合に雨が上がって
ほっとしました。


午前の部


Sさんの作品


元々絵を描かれてきた方です。
例えば植物などを科学的な目線で説明するときも
イラストが必要となります。
その時には正確さが重要な要素となり、Sさんはそのフィールドで
何度も植物等を描かれてきていました。

正確な線というのは
とっても大切な個性でもあります。

キリリとした良いところを伸ばしつつ
ある部分を「はしょって」
バランスよく
イラストにする、という方向性を今探っています。

Sさんはここ何回で
正確な線自体にちょっと柔らかさが出てきたと思います。
あるムードが醸し出されたように思うのです。

絵には正確にものを写す他のファクターもあります。
色彩感覚や構図のあり方などです。。
それらが有機的に(その人のちょうど良い)バランスで存在してこそ
いい絵になっていくと思います。

線を離れて今回
「色面を作る」という作業をしてもらいました。

これがヒット!でした。
自由な気持ちで色そのものを味わうような
美しい画面が出来上がりました!

この色面を下敷きに、キリッとした線のイラストが上に乗る、という想定で
作っていくのですが
そこにSさんのスタイルが垣間見えたように思いました。

Tくんの作品


これは「こんこん誰のうち?」という絵遊びの一つです。

折り紙で家の形のホルダーを作り
窓を開けてそこに内緒で描いた絵のカードを入れます。

そしてお互いに
そのカードに描かれた動物や妖怪などの
特徴を相手に伝えて
それを当てっこするゲーム。

Tくんはポケモンが大好きなので
それはそれはたくさんのポケモンを
とっても丁寧にかいて
対戦相手の私を完膚なきまでに圧勝していきました。(笑)

Tくんはとっても集中してカードホルダーを作り
何枚もカードを描き足していきました。

コレクター魂を育てる絵遊びなのですー。


Sちゃんの作品




Sちゃんには今回「布と陶器」のモチーフを
まず描いてもらいました。
その後は自由に描いてもらおうと思っていました。

Sちゃんのデッサンは
内側から広がるように描いていきます。
オーソドックスな描き方とは違うのですが
描きながら長さや角度を調整して
最後には正確に描き出せるのが彼女にしかできない
方法だなあと思います。

布のざらっとした感じと
陶器の鳥のつるり、とした感じ
その違いの書き分け
そして影の濃淡の付け方
よく観察しています。

今回はかなりの時間をかけて
丁寧に仕上げていきました。
品のあるいい絵になったと思います。

春から新一年生になるSちゃん
きっとぐぐんと絵も変わっていくのだろうなあと
楽しみです!


午後の部

Eさんの作品

モチーフをデッサンするところからはじめました。
さて色を塗っていこうという段階になって
パレットナイフに興味を持たれ
今までの雰囲気とはガラッと変わった
厚みのある絵に挑戦しました!
パレットナイフは主に油絵で使われます。
「小さな左官」のような気持ちで(笑
使ってみると、面白いテクスチャーのものが出来上がります。

シンプルな線でほんわかとしたイラストが
Eさんのスタイルだったので
今回の絵を見て思いもよらない方向に驚きました。

アクリルガッシュという絵の具は
不透明なので下の色を滲ませません。
でも、まだ濡れている時に重ねると
油絵での表現に近い雰囲気が出せます。

今回はキャンバスに似せた紙も使ったので
パレットナイフでの背景と相まって
とても奥行きが深い絵になったと思います。

また新しい方向が見えましたね!

TくんとHくん

二人とも「こんこん誰のうち」を作りました。
カードにはポケモンから出題が多く
かなりの苦戦を強いられましたー(笑

このカードを描くのはお絵かきですが
カードホルダーのお家を切り出して
セロテープで貼っていく、のは工作。
例えば紙を二つに折って、四角く切り出す、
そうするとシンメトリな窓が出来上がる、そういった
ハサミと図形の切り出しも工作の醍醐味です。

セロテープがなかなか切れない、
ハサミの使い方を体で覚える、そういうことも
自分で工夫を見つけていってほしいと思います。
そうして自分で作って出来上がったものは
誇らしく、物事のなりたちに繋がれると思うのです。

さて後半はお母さんのパレットを使って
伸び伸びお絵描き。
最初とっても可愛いお尻が出来上がり
お話をしながら絵を描いていってくれました。
そこから何故かお尻は武装されていき(笑)
みんなの笑いをさらっていきました!

兄弟で仲良くかけたことも良かったね。

Uさんの作品

久しぶりのご参加でした!
Uさんといえば色面
その色面と、モチーフを合わせてみよう、という試みをされました。

鳩の陶器の部分を
マスキングして、模様を水彩で描き
後ほどラバーで取り去ると
鳩の部分だけ白抜きできます。

その一連の行為がなんだか面白いのです。
マスキングはゴムの液体のようなもの。
乾いたところで板状のゴムで削り取る感じです。

このマスキングのゴムが乾く間に
色面を作っておられましたが
だいぶそれでリラックスできたのでは、と思います。

ポップな春の黄色と緑のチェックと
白いはとが、ほのぼのとしたイラストになったと思います。

Yちゃんの作品

きっとYちゃんは好きなのでは、、と
この工作の用意をしているときに思っていたのです。
紙を細長く切って
それにのりをつけて、クルクルと竹串にきっちり巻きます。
それを外すと、真ん中に穴のあいた
紙のビーズが出来上がります。

なかなかの強度があって
広告の好きな色を選んで
自分のビーズを作る。
アフリカの民芸品にもあるようですし、
午前中に来ていたSさんからお聞きしたところ
モンテッソーリのプログラムにもある、と聞きました。


クルクルと紙を巻くという作業も
単純作業で、うまくいくと気持ちがいいのですが
ちょっとしたコツを掴むまである忍耐力がいるのですが
カラフルな小さなビーズが集まってくると
なんだか作業自体も楽しいものになってきます。
女の子は特に
このビーズを使って腕輪にしたりできるので
達成感もあるでしょう。

手先の鍛錬は
意外と人の心を落ち着かせる効果もあるかもしれないなと思います。

キリッと美しく作りたいYちゃん、とても綺麗なものが出来上がりました。

Aちゃんの作品


Aちゃんも黙々とビーズを作り上げました。
ちょうど表にある化粧品のトレードマークが出てくるように
それを腕輪の真ん中に持ってきて工夫しました。
とっても春らしい色合いのものが出来上がりました。

Aちゃんは次に
「りんごの描き方」の動画を見て水彩画を描き始めました。

薄い色から始めて濃いいろ
そして、りんごの影の臙脂にに近い赤を
パレットで作って
フィニッシュです。

今度本物のりんごを見てもう一回描いてみようね!

前回は、少女マンガの女の子を描いていたのですが
こんな風に、見たものを見たように描きたい、という
気持ちもあるのですね。
Aちゃんらしい絵を探っていきましょうね!

該当の記事は見つかりませんでした。