E QK room

絵日記マンガ、絵本、日々の事など
-

絵本を届ける運動

今年もシャンティ国際ボランティア会の絵本を届ける運動に参加した。
今年はFぽんが手伝ってくれたので,超高速で貼り終わった。

このボランティアは
1)届け先の国を選ぶ
2)リストにある絵本を選ぶ
3)絵本とシールのセットを取り寄せる
4)日本語のテキストの上に、現地の言葉のシールを貼って行く
5)それを送り返す
6)SVAの方が現地へまとめて送る
というものです。

今回はタイの難民キャンプにいる
カレン族の人達にむけて「ルピナスさん」を訳したシールを貼って行った。

最初は、現地の言葉の上下もわからないので
間違わないよう慎重に切って
ページを間違えないようにそっと切って‥

sva1.jpg

下の日本語が見えないよう、
絵にかからないよう
曲がらないよう、
ヨレ無いように
ぺとり。

sva2.jpg


最後に、日本語とカレン語で
自分の名前をサイン。
今回はFぽんが代表でサインしてくれた。

ちなみに、これがミャンマー文字を使った
カレン語の私の名前!
くりんくりんと丸がかわいい文字ですねー
namekaren.jpg

カレン族の難民の方はミャンマーからタイへ逃れて来ている。
ミャンマーからの独立を訴えているのだが
それが認められず、長らく内紛が続いているという。

カレン族の女性は、小さいときから首に輪をはめて
首を長くする部族。
「カレンシルバー」という銀のビーズなどを良く耳に、目にしますが
銀細工を得意とする人々らしいです。
今回、シールを貼る前に少し調べてみたのです。

なんとか早く、彼らが無事に平和に暮らせるよう
お祈りしています。




シールの空白の所を使って
ハート形に切り取って
封筒にたくさん飛ばしてみました。
heartedenvlp.jpg

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。