E QK room

絵日記マンガ、絵本、日々の事など
-

ひとこま絵本 第18話 ふるえるいえのなか


ドアをあけると
みなさんはごぞんじのように
いえがふるえるほど るんちゃんはおおごえをあげて ないていました
そのまわりを ねこのとぷしーがぐるぐるはしりまわり
(まったく、かみなりがやまないくらいの そうおん ですから)
おかあさんは なみだをふこうと たおるをもってかけより
おばあさんは かんのむしには まずみるく、とあたたかくしてもってきたり
そとよりも いえのなかのほうが はんきょうするおとが いたい!と
おとうとは みみにせんをして
おねえさんは もうがまんできぬ とかいだんをはしりさるところでした。

いつもは しずかなおにいさん
「いったい どうしたっていうんだ!」
どあの そとから きいてみました

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。