E QK room

絵日記マンガ、絵本、日々の事など
-

かいじゅうたちのいるところ

スパイクジョーンズ監督の
『かいじゅうたちのいるところ』録画してたのをようやく見ました。
最初ドキュメンタリーのように
マックス(主人公)の日常が綴られていて
おやおや、かいじゅうにインスパイアされて、
全然別のものを作ったのスパイクさん、
と思いました。

でも今考えるとその下地が
かいじゅうの島に行くまでの大切なものなんだなあと

子どもの頃って暇なんだよね
基本。
それがすごく大切だってあとで気がつくんだけれど

出て来るかいじゅうたちは
きっとマックス(主人公の男の子)の一部+、なんだろうなと
いじいじした角のはえたやつも
怒って手がつけられない、でも気分がいいとたのしいキャロルも
かれの一面なのかもな

かいじゅうの顔はすんごくおおきくって
みんなすごく寂しがり屋で
「かさなってねる」のが最高のたのしみで
だいじなものを口の中にいれて隠したり
ちょっとしたことですぐに怒って台無しにしたり

ああもう、この感覚は
こども、だ!

wildthings_001.jpg


思いだしたよ
こどもってさびしいし(たぶん、家族がいても)、神経が全部空気にさらされてるみたいに
激しいんだよね

そんで、ずっとそうだと
イタイのでたまらんから制御するんだなー

そんで映画が終わって
しばらくたってから
自分のなかのかいじゅうがふーっとため息をついて
じわっと涙が出てきました。

こどもはずるくて、手に負えなくて,
自分でもどうすればいいかわからないものを持ってて
かいじゅうなんだな

あの寂しくって、でもたまらないきゅーーっとした思い
大事なものだなあwildthings2.jpg



スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。