E QK room

絵日記マンガ、絵本、日々の事など
-

Why シャクレR?

なんなんでしょう、私は。
小難しいモードになっております。

訛、およびイントネーションの続きなのですが
今度は英語について
前々から思っている事について。


私達日本人は
英語がニガテですが
そのニガテ英語を、変な風なワザを使って
英語でも日本でもないような言葉にしている人を聞く事があります

それは意外にもFMラジオのDJとかだったりします
(マザータングは日本語、の)

ぜんぜん、Rのついていないコトバなのに
IdeaR
みたいにくるんくるんRをつけ過ぎて
あげくに
NoにまでRつけたりして
なにがなんだかわからない感じになっている
それも、そのRを気取って
シャクレた感じで言われる。
これがなんか、ゾゾっとするんす!


その上なぜか英語のときだけ
お経のように平板なイントネーションで
言ってる内容が聞き取れなくなる…

あんまり聞き取りづらくて、聞き耳をたてすぎて
知りたい曲名を逃してしまう。。
(じぶんがあほやん…)


高校の時の英語の先生はこう言いました
「英語は発音、というより イントネーションじゃ!」と
「一個一個の単語の発音を磨き立てるように
完璧にするよりも
使える英語を目指すのじゃ。
使える英語は
文章の音の上り下がりを覚えてこそじゃぞ!!」と
(……仙人口調にしてみました)

この教えは、外国へ行ってからずいぶん役に立ちました。
そして、先日見た開高健さんのテレビ番組で
彼の英語を聞いたときも
この教えがまた頭で響き
我が意を得たり!と思いました。
開高さんの言葉は、日本語でも英語でも
明瞭で、人に伝わる!

アップダウンをきちんと把握した英語は
聞き取りやすい!!!

シャクレR、はんたい!!


で、DJの件。
人にモノを伝えるのだから
シャクレRをやめちくりーーー
それも日本語以上に平板なイントネーションで
はなさないでーーーー
ぷりーず




しゃくれ_001
あ、というか、聞かなきゃいいのか!その番組を!

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。