E QK room

絵日記マンガ、絵本、日々の事など
-

神様に会いに contemplating my god

今、イングランドにいます。
I am now in London.
八王子シャー六
ええ、東京のイングランド、八王子に行ってきました。
Bazinga ! Naaa, not London but I went to Hachioji, Tokyo.

というのも、馬場のぼる先生の展覧会があったからです。
「11匹のねこ」シリーズや小学館での漫画など沢山の作品が有名で
今でも人気が高い先生の作品。

Noboru Baba, is one of the famous children's book author and the cartoonist and his series of
" 11 cats " are still well read by the kids.

馬場先生のユーモアは
合気道で言ったら強い力をふっと外すような
そんなオフビートな所があってそこがたまらなく好きなんです。

His sense of humor is almost like Aikido.
Dodges the power of " good and bad " with his light sense of humor.

馬場せんせい

入り口で迎えてくれた
とらねこ大将のあの顔!かわいいっ

The entrance- the leader of the cat ( striped cat ) smirks.

こちらは入り口付近にあった
「絵巻絵本 11ぴきのねこのマラソン大会」の拡大したもの。
毎回見るたび、一匹一匹になにかしら物語が発見できる。

The scroll of the picture, and there are always new story I can find every time I look at it

馬場先生2

撮影禁止だったので見せられないのですが
幼少期に描かれた金魚の絵が一番最初に飾られてて
そのすごさにびっっっっくりしてしまった!
なんでこんなに上手いんだろう??
動いてるみたい!

The small sketch of the gold fish he did when he was around 4 or 5
really BLEW MY MIND !
He is such a great drawer !
The fish almost moved !

そして先生のことば
「笑いを追求していくと、人間の哀しさにいきつく」
ということと
「最高の笑いというのは 少年の笑いだと思うのです」
わたしにとって、とっても大事な事なので
じーーーんときます。。。

そしてじっくりみてわかったこと。
先生の丁寧な線は小さい頃からのものだった、ということ。
あの軽い線は、たゆまぬスケッチ(すげーーの!)からうまれる軽さだということ。

こころに刻んで、とらねこ大将とともに帰途に着きました。

I brought his words,
" When pursuing the sense of humor (laughter) there will be the pathos of the humans "
and
" The laughter of the juveniles is the best "

His skill, which looks very light and fine is the gift and from those many sketches.

with the cat leader back home with me.


ba先生チケット



そしてウチのとらねこ大将にすぐにやられてしまったのでした。
And the leader of the cat at home caught him at once !
虎大将

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。