FC2ブログ

E QK room

絵日記マンガ、絵本、日々の事など
-

イラストスケッチ教室@うみべのえほんやツバメ号

梅雨がつづく中、日曜日の教室でおしゃべりしながらスケッチ。

Aさんの作品

Aさんは今回は「模写の気分」でお気に入りの本を持ってきてくれました。
青と赤の鉛筆で描くシンプルなイラスト集。
パッと見ると、すぐに描ける!と思うのですが
描いて見るとなかなか思うように良い形が出なかったり
本のちょっとテンがずれただけで顔の表情が良くなかったり。。

意外と難しいものです。

でも、自分の手の癖が、こういう模写でわかります。
右からのカーブはいいけど、左が曲がる、とか
ここで力任せに行ってしまった。。とか

こういう模写をしつつ、ぜひその
エラーの方を矯正して行くより
その味を好きになっていただきたいな、と思います。

Aさんはこのシンプルな線画がやはりしっくりくるようなので
ここから先も線画を追求して行くと思うのですが
自分が惹かれる、その形と
自分から出る線の雰囲気
がちょうど良く出会うところ、を探して行けたら良いなあと思います。

好きな色の組み合わせ、もやっていただいて
その時の気持ちの上がる感じ、も確認すると
さらに絵が良い感じになって行きました^^!

Mさんの作品

お仕事が終わると家でもコツコツ紙芝居を描いているMさん。
がんばっています!
絵本のコンペに間に合うように、今色付けの真っ最中。

まず主人公を集中的に塗ってもらっています。
これは主人公が一定で崩れないようにするためです。
一枚一枚の場面を描いて行くと
どうしても力が入るページとそうでもないページにバラツキがでて
そのため、めくったら印象が変わって主人公がわからなくなる、ということを避けるためです。

ふわふわした主人公は、パステルで独特な描き方で仕上げています(これがまた時間がかかるのです!!)
でも、描いている最中はとっても集中できて、爽快感があるのだそう。

コンペも大切なのですが
ぜひお子さん達に呼んであげて
どんな風に伝わったか、感じて欲しいと思います!


Kさんの作品


Kさんはフィールドノートに、ちょっとした草花の絵を描いたりしたい、と思っています。
そして対象物をきちんと正確に描くことも得意です。

けれども、フリーに、色を楽しむように描くことも好き。
一番最初の教室では、心のむくままに
ただ丸を描いて、色を思うさま塗る、ということをしました。

その二つを合わせたら、どうなるかしら?と提案して見ました。

良く生徒さんにお見せするのですが
サラミッダさんの南仏スケッチの本をお見せしました。
風景から着想を得た幾何学にも見えるような
畑のパターン。
フレッシュな木の実や
生みたての卵のスケッチ。
身近にあるものの色をじっくり味わって
それから着想を得て作品にしています。

Kさんもきっとそんな風に世界をみて行けると思います。

スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。