FC2ブログ

E QK room

絵日記マンガ、絵本、日々の事など
-

イラスト・スケッチ教室@うみべのえほんやツバメ号

気がつけばもう九月も中旬、、
今日は秋の香りのする
葛の花を取ってきました。
蘭の花もあります。
Hさんの作品

今日は半分だけの参加。
前に写真から描き起こした
絵があって、その時の軽いタッチと
バックを水彩で塗った感じが、Hさんらしさがとても出ていて、その雰囲気で再度スナップを描き始めました。
好きなもの、タッチそれが描いているうち
わかってくる事があります。
Hさんはたぶんそれが敏感に取れる人なんだと思います。
そうなると、自分が描きたい絵も、わかっていき、その人の目指すものがわかっていきます。
その人らしさが出ているのが一番成功した絵だと思います。
Kさんの作品

水彩の限られた色から、ピンク、紫、の微妙な色を作り出していくKさん。
絵の中に、微細に追求するところと
ざっくりと表すところが
絵を描き慣れている、というものが伝わります。
面倒だから、そうなるの、と仰いますが、違うと思うんです。
蘭の花弁の色と形を、「描きたい」から微細になる。
そこに、目が集まるから、なんだと思います。
すると見る人もまた、熱がこもって描いたっころに集まります。
それが、絵の効果だとおもうのです。
Nさんの作品

絵本のプロジェクト、進行中。
細かく書かれた模様、すごく時間がかかりそうでしょう?それが、とりかかると、とても集中して
あっという間に仕上げていかれます!
絵本はふつうの絵と違い、
いろんな要素で時間や場所の違いを表していきます。
でも、同じ世界であることを表現するために
連続性も感じさせないといけません。
Nさんはページを行ったり来たりしながら
どのページにどうあると効果的か
良く考えながら進んでいます。
この、考える時間、がとっても必要なのです。
Nさんが、よし、これで行こう!と決めてかかると、ごうごうと火が燃えるように邁進します。
それを見るのが楽しくて!
HEさんの作品

ゆめゆめしい絵から一転、今日はとてもしっかりと対象を捉えました。
いつもと違う紙、初めて使ったパステル
それが、HEさんの新しい方向を少し見せてくれたようです。
いろんな画材があって、
その人がしっくりくるのがあった時
絵の楽しさがググッとアップします。
今度はまた別のもので、この手法を試して欲しいなあと思います。

スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。