FC2ブログ

E QK room

絵日記マンガ、絵本、日々の事など
-

イラスト・スケッチ教室@うみべのえほんやツバメ号 土曜日

Aさんの作品


今回はAさんに少し提案をしてみました。
Aさんは「夢うつつノート」(勝手に命名)をとっているのですが
現実から少し離れた、不思議な世界に住む
ちょっとシュールな人たちがたくさん出てきます。

一度その中の風景を描いてみたり
顔の一部が煙突になったような不思議な人たちも描いていました。

その一方
Aさんはヨシタケシンスケさんもとても好きで
そのイラストや、線画を中心に写しながら
そのスタイルも探求していました。

この二種類の雰囲気を合わせてみたら、どんな感じになるかな?と
Aさんに提案したのです。

ふとそこで思い出したのは
サヴィニャック。
ユーモラスでシンプルなんだけれど
ひねりが効いてて、シュールなものも
センス良く表現しているその感じを
みてもらったら、何かAさんに新しいドアを開けたみたいです!

こういう時ってすごく楽しい!

Aさんの不思議な世界にどんどん注目が集まりそうです。


Eさんの作品


Eさんはお店でケーキのお皿に
イラストを描くお仕事をしているのですが
そのバリエーションを増やす為に
この教室にやってきました。

シンプルな絵は目の配置や
ちょっとしたカーブで
随分印象が変わります。

きたるハロウイーンやクリスマスに向けて
いろんな動物やアイテムをスケッチして行きました。

そしておしゃべりしながらお聞きしたのは
なんと学生の時、風景画を描いて
県の賞を取ったことがあるということ!

これから遠出をする予定があり
ぜひ小さなスケッチブックを携えてスケッチを楽しんで欲しいと
お伝えしました。

スケッチは、もちろんその場で仕上げるのが良いのですが
時間の関係で後から仕上げる場合
メモ書きと、写真と、ちょっとしたクロースアップの詳細なスケッチが
後からとってもやくに立ちます。

絵を描くのって、全部一気に仕上げられない時は
いろんな記憶をメモるように描くと
後からとっても役立ちます。
これは写生の時も良いと思います。

来月どんな旅の思い出が描かれてくるかとても楽しみです。

スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。