FC2ブログ

E QK room

絵日記マンガ、絵本、日々の事など
-

イラスト・スケッチ教室@うみべのえほんやツバメ号 火曜日のクラス

Hさんの作品

Hさんはやはり人を描く時が楽しいみたい。
下書きから色ぬりまで
もう頭に出来上がり図があるように
ずんずんスピーディに仕上げて行きます。

色の選び方や
表情の追求の仕方もその人らしらが出てきます。
セレクトした色で
画面を作るのですが今回は
とてもたくさんの人が出てくる絵を仕上げました。
全部塗りつぶすよりも
風通しが良い絵になりました。

最初描く、という写真をみたら
そこにはいろんなポーズを取っている人がたくさんいたので、
描きやすい人だけをセレクトして描くかな?と思っていたのですが
全員をスケッチして描いて行きました!
その果敢さに、進んだなあ!と思いました。
何しろ楽しんで描いていく、というところがいい。
どんどんいろんな人をスケッチして行って欲しいです!

Kさんの作品


Kさんは柿の四角さをどう出すかで奮闘されました。

これは、ジリジリとして、悩みの種かもしれませんが
ある意味で絵が上手くなる時の、
「兆し」として捉えてもらえれば。。と思いました。

四角っぽい、と柿を認識したこと。

柿は多分3度目くらいなのですが
その形を「シンプルな立方体に置き換える」
というところで、ものを捉えることが絵画の目になってきている、
と感じました。

どうしたら、四角っぽく描けるか、と悩んだこと。

構図や、ものをどういう風に置いたら良いか
絵に対して、能動的になっているのだと思うのです。

こうなってくると
「自分はどんな絵が描きたいか」
という自問自答にフォーカスされると思うのです。

ここに、ある意味で大きな一歩がある!と思います。
そうなってくると
自分が好きなものはどんな感じか、ということに
すごく自覚的になっていきます。

それは、絵を描いて行って得るちょっとした
豊かな感覚だと私は思います。


KSさんの作品

KSさんが描く線は吶吶としているのですが
それがおしゃれで、
何かを愛でているようなそんな暖かさがあります。
前にベンシャーンを写して行った時に
色の塗り方にも、その感じが出ていて
ぜひその雰囲気を
動物などの可愛らしい形に活かせないか、と提案してみました。

ペットの猫ちゃんの
なんとも言えないおねだりの顔を
毛皮を撫でるように描いていって、
もうそれだけで、成功しているように思いました。

KSさんが描くこの猫ちゃんのマンガは
クスッとおかしいので
ぜひSNSで発表して欲しいなあと希望しております。


Nさんの作品


Nさんは自宅でダンボールに作品を作ってきたのですが
そのクオリティの高さに、
教室のみんなはあんぐり口を開けてしまいました!

ただのダンボールに美しい色と
細かい細密画を施されると
キリッとしたどこかエキゾチックな空間が出来上がるように思います。

今作っている絵本とは少し流れの違うものなのですが
絵本を描いて、あれこれ考えているうちにたどり着いた場所なのだと思います。
これは、どんどんNさんの腕が上がって行ったという事なのです。

絵本の中身も、きっとこれからあれこれ変化していくと思います。

Nさんの繊細で美しい世界が
どんどん形作られて行っています!楽しみでなりません。

スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。