FC2ブログ

E QK room

絵日記マンガ、絵本、日々の事など
-

イラスト・スケッチ教室@うみべのえほんやツバメ号 日曜日の教室

日が長くなってきました。
三浦では河津桜が開いてきました
IMG_0673.jpg

Aさんの作品

Aさんは文具マニア。
いろんな画材も持っています。
今日はオイルパステルを持ってきたので
フリーハンドで絵を描いて、そのあと水を弾くので
水彩で色を塗ってみました。
柔らかいオイルパステルは
スルスルと気楽な線が出てきて楽しい!

また、油絵のように紙の上で色が混ぜられるので
重ねて出来上がる色のこっくりした感じなど
それも楽しんで描かれました。

それと、今回ものの見方、という絵の書き方の
基本をちょっとお話してみました。

いろんなものをスケッチするとき
それを丸、三角、四角に当てはめて
シンプルに考えて形を取っていく、という方法です。

例えば、四角い箱を描くとき
角が四つある四角い立方体、ということがわかります。
電話ボックスは透き通っているからわかりやすいかもしれません。
本当は箱だと見えない角がありますが
スケッチするときにそこに薄く見えない角の線を入れておく。
すると正確に形が取りやすくなります。

また、人間の体も
胴は立方体、腕は円柱、顔は卵型。。
という風に形をシンプルに捉えて
そこからだんだん細部を付け加えていく。

そうなった時に、俄然いろんなものの見え方が変わるはずです。

Aさんは一言それを言っただけなのに
絵の具の瓶などもすぐにその見方で
形を取ることに成功しました!

すると多分今まで手を出さなかったものも
ちょっと描いてみようかな、という気になります。

あと、どうして画家が鉛筆で
モチーフを測ったりするのかが、わかったそうです。

自由に絵を描くことを推奨してきたので
オーソドックスなものを今まで強いてなかったのですが
こういうちょっとしたことは、
自由に絵を描くことの助けになるのかもしれません。
これからのAさんの進み方が楽しみです。

Eさんの作品


Eさんは結構難しい花瓶と水仙に挑戦してみました。

一個めのものを描いて
「口と底辺の大きさが違う」ということに気がつき
今度は少し補助線的なものを入れて
花瓶を正確に描きました。

花の部分は
大体が浅いお椀みたいなものだ、と
見方を言うと
複雑に付いている水仙の位置も
きちんと把握することができました。

その人が何かを掴む瞬間を見るのは
楽しいものです!

後半は少しリラックスして
大人の塗り絵を。

私も少しやってみましたが
色数が多すぎるとあんまり素敵じゃないし
似すぎるとフラットな感じになるので
意外と難しいものだなあと幼稚園ぶりに塗ってみて思いました(笑)

スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。