FC2ブログ

E QK room

絵日記マンガ、絵本、日々の事など
-

イラスト・スケッチ教室@うみべのえほんやツバメ号 火曜日のクラス

Hさんの作品

スポーツ大好きな少年のGou君 のイラスト。
守備は固く、道路へ飛びださないようにドアを守ります。


ポスターを描くとき、
文字も作品の一部となります。
ポスターははっきりした色で読みやすく、
短くシンプルな言葉を使わなくてはいけません。
Hさんは袋文字にして、
カラフルに色を分けてしあげました。


オレンジのバックにしたのも目立って良かった。
こうやって、自分で作ると、
世の中のポスターにも目が行くのではないでしょうか。

そこで作っている人たちの仕事を
推測したりするわけです。


ものをつくることで、創造力、また想像力もつけてくれますね。


Kさんの作品


今日はぶどうをスケッチしてもらいました。

ぶどうは一粒一粒を追って描いていくと
最後の方で辻褄が合わなくなるので
まずは大きな塊で見ていって
ツルの場所を決めながら
山脈の陰影をつけるように
粒を決めていくと、粒の配置がうまく行きます。

Kさんは鉛筆で下書きし
大胆にマーカーでアウトラインをつけて
水彩も混ぜて、陰影をつけていきました。

さっと描いて、その存在が「そこに在る」感じを出したい。

Kさんの最近の思いと
Kさんの描き方がだんだんと繋がっているように思います。

今度は、スケッチと、「さっと描く本絵」を
別々にしてみたらどうだろうか?
提案してみようと思います。

Nさんの作品


大団円を迎えているNさん。
ほとんどの絵が終わり、台紙につけていくところまできています。

この絵をまだ一度も全部並べて見ていない、ということで
ここで仮決めの配置もかねて
全部を出して見ました。

圧巻です!

出だしのスローでシンプルなところも
エンディングでキラキラと美しくきらびやかになるところも
Nさんの思いをのせていて
初めて作ったとは思えない出来栄えになったと思います。

絵本という表現は
できたものはシンプルなだけに、
簡単に気楽にできるように思われがちです。
けれども、一度それを作ると
ラフを描き、練り直し、絵を作り
お話を描き。。。
本当にやわではない、ということがわかると思います。

Nさんはお仕事のかたわら、この教室に通って
一年半かかって作り上げました。
なかなかできることではありません。

この作品にのせた思いは
きっと同じように立ち止まっている人に
励ましを与えると思います。

その熱意と、Nさんにしかかけないこの絵に
本当にすばらしい可能性を感じます。

広く色々な人に見てほしい作品となりましたね!


H.Eさんの作品


この教室は、夕方始まるので、
お仕事を終えてからいらっしゃる方が多く
H.Eさんもその一人です。

H.Eさんはその日の気分で
いろんな画材に挑戦して描かれます。
(なかなか怖がって、新しく画材を使うのを
躊躇する人も多いなか、とても勇敢だと思います!)

今回、ぶどうをスケッチしたのですが
パステルをおすすめして見ました。

丸く描いて、別の色ものせて
手で伸ばしてグラデーションを作る
最後に練り消しで光を入れる

この一連の作業は、
気持ちが落ち着く作用が在ると思います。

H.Eさんは音楽家でもいらっしゃるので
絵の特徴にも浮遊感が在るように思います。
なのでこの、パステルのふんわりとした空気感は
かなり相性が良いのかな、と感じました。
ぜひまた次回、この画材でやって見てください。

Iくんの作品


ツバメ号の展覧会を見にきて
ふらり、と体験教室を受けてくれたI君。

聞けば元野球部で、でも絵も好きで
LINEスタンプも作っている、
珍しいタイプの爽やか青年です。

まずは自由に絵を描いてもらったら
お寿司のキャラクターを描き始めました。
絵本を描いて見たい、ということだったので
まずは4コマの起承転結を描いて見たら?と提案
すると、コミカルなお寿司くんをスラスラと描いていきました。

次にスケッチの指南をしたのですが
絵を描いていきながら
「影は黒と限らないんだ」と自分で発見したのです。

まさに、そうです!
それを見て、実感していく、というところ
それを初めての教室で発見するところ
そこに「絵をかく目」が在ると思いました。

絵本を描くとしたら
Iくんにしか描けない
今まで培ってきたものを
ぜひ自分で見つけていってほしいと思います。

スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。