FC2ブログ

E QK room

絵日記マンガ、絵本、日々の事など
-

四月の親子イラスト教室

さわやかな休日の朝、
親子で楽しむイラスト教室をムジカソアヴェさんの一角をお借りして開きました。
Uさんの作品。
Uさんの大好きな海の季節がやってきます。
Uさんはテクスチャーと色の追求をしています。今回はその上にちょっとした文字を載せて雰囲気の、ある画面を制作。こうして見ると画面の作り方も、少しずつ「自分の好み」が表れてきました。
長く続けていると、描きながら自分の好きなものを再発見していきます。
そして、そこからまた、個性が産まれていくのだと思います。

Sさんの作品。
Sさんは、絵が上手く描けない、とおっしゃりハンコを掘るのを中心にやってきました。
ここにきて、お友だちや娘さんの顔をハンコにするので、軽くデッサンしてからハンコにすることにしたのです。そしたら!ただハンコを掘っていただけなのに、絵も同時に上手くなっていたのです!
そしてお遊びで、親子で顔を紙に写し描くのをやってみたら、大評判!かおの立体がわかって楽しい^_^

Eさんの作品。
一つ大きなプロジェクトを終え、Eさんは次に着手まで少々アイドリング中。
なので顔の写し描き、やっていただきました!
描かれているほうはこそばゆいしもちろん正解に描き写せないのですが、出来上がったものをみてみると、似てる!となるから不思議です。

Yちゃんはユニークな「トリ・ストーリー」なるものに着手。yちゃんはどんどん色のセンスが良くなってきています。

Kちゃんは今回は時間があまり無く、ぽっちりしか描けませんでした。
なにがはじまるかな?来月をたのしみに。

Tくんは力強くマーカーで描いていきました。
マーカーが気持ちよく出たり
カーブを描くとき爽快な気持ちになったり
そういうところから絵の楽しさは始まります。
また描きながらストーリーがうまれて、絵を描きながらある体験をするのですよねー。また描こうね

飛び入りさんかのKちゃん。
くまさん、にじ、ウサギさん
「同じもの描いてる」とおうちの、かたはいうかもしれません。けれども、突き詰めるとアーティストは毎回同じテーマを描いているのかもしれません。
Kちゃんは紙いっぱいに好きなものを描いて、それが絵が好き、ということがありありと伝わってきました。

-

おばちゃんかるた3

おばちゃんタイトル
どうだい、あんたの住んでるとこは暑いかい?寒いかい?
まあとにかく、
体はあっためる方向で考えといた方がいいからね

ココロに一人、
おばちゃんを住まわせたら
ちょっと暮らしがほがらかに…
なるかもしれない

そんな願いを込めて、詠みます

qk mangakaruta4

-

おばちゃんかるた その2

おばちゃんタイトル

ココロに一人、
おばちゃんを住まわせたら
ちょっと暮らしがほがらかに…
なるかもしれない

そんな願いを込めて、詠みます

2おばちゃんかるた

-

おばちゃんかるた

三浦半島かるたを作ってからというもの、QKはかるたブームです

つい先日もおばちゃんかるたのアイディアが止まらなくなってきました!!
おばちゃんタイトル

ココロに一人、
おばちゃんを住まわせたら
ちょっと暮らしがほがらかに…
なるかもしれない

そんな願いを込めて、詠みます

1おばちゃんかるた

-

火曜日イラストスケッチ教室@うみべのえほんやツバメ号

3Tuesdaytitlee.png
日が長くなってきました。
今日のクラスにはたくさんのお花が集まりました。
いろんな色の花をスケッチし放題^^
花粉症はあっても、春はやっぱりいいですね。


Hさんの作品
3Hsantbm.png
Hさんはかなり長く咲いている、
不思議なクリスマスローズをモチーフにしました。
濃い色と淡い色のクリスマスローズ。
じっと見るといろんな色が混じっているのに気がつきます。

モチーフのその色をを忠実に再現する、というのも一つの作品作りですが
どの色を自分の絵の中に取り入れるか、ということも
作品を作る上でのその人の自由だと思います。
Hさんは下地にピンク、その上に紫を重ねて、爽やかなクリスマスローズにしました。
そして淡いグラデーションには、黄味がかったピンクを
そうして出来上がった画面は、あるバランスがあって、
その骨組みはちゃんとスケッチした花の構造が支えていると思います。

草花のスケッチのコレクションもこれから増えていくと思います。
じっと見て、スケッチをして構造を確かめて、
たくさん描いてくださいね。

Kさんの作品
3Ksantbm.png
Kさんはまず、小さな野の花を描き上げました。
短い時間で、あまり力を入れず、軽い感じのタッチで描き上げました。

ここに絵の距離が近くなっているのだな、と!!!
感動してしまいました

どこから始めたら良いか
とか
どう描いたらいいのか
とか
何が良いのか
など
絵を描くにあたって、みんなもってしまう疑問と不安。
そう、「筆フリーズ」状態。
それが、今のKさんにはないのです。
つまり、
全部自分で答えが出せるようになったと言うことなのです!!

それを踏まえて、ピンクのガーベラを始められましたが
じっと見れば見るほど
花弁の多さに怯みますが、果敢に丁寧に描き上げていきました。

どんな風にめくれているか、影はどうなっているか
じっくりみて描き上げると、それまで持っていたガーベラの印象が
変わっていきます。
それが絵を通して理解することなのだなあ、と思います。

H.Kさんの作品
3HKsantbm.png
Hさんは教室にくるのが久々で、もりもりと描きたい気持ちに
溢れていらっしゃいました!
今回はキャンバスに似た、少しざらりとしたテクスチャーの紙に
大きく、のびのびと椿と雪柳の花束を描いていきました。

まず淡いグリーンを背景に置いて
周りの生徒さんもおおお!と驚嘆。
そのフレッシュな色も綺麗だったのですが
次々と出来上がっていくたびに
気持ちよくて、見ている方が胸のすく思いがしました。

Hさんの絵は本当に色が透明感があって美しいです。
組み合わせも考えるのも好きなのだと思います。
この絵はぜひ、額装しておうちに飾って欲しいなあと思いました。