FC2ブログ

E QK room

絵日記マンガ、絵本、日々の事など
-

絵画教室@Nandaro

今年最後の教室です。

Kさんの作品


Kさんは自宅でシクラメンの花の鉢を絵にされました。
くきの重なり、花の形
葉っぱの色の違い
とっても丁寧に時間を描けて仕上げてきました。

この茎の重なり、最初見ると
何が何やらですし、複雑でとってもじゃないけど
描ききれない!!となるのですが
不思議なことに描いているうちに
それが楽しくなってくる瞬間があるのです。

絵のマジックタイム!
それがわかると、また絵を描きたくなります。

そしてその複雑さにタジタジとなり
描ききれない!!となり(以下ループ 笑)

Kさんの絵へのアプローチが
とても軽く、楽しげになっていることが
本当に素晴らしいと思います。

今回のチューリップもなでるように
かわいいと思いながら描いたのが伝わります。
白い細かい花も、少しブルー系を使って花びらを描きましたが
はしょるところを「正しくみてはしょって」いるので
リアリティがあります。

この一年、Kさんはとても腕をあげてきたと思います。
拍手!!

A.Kさんの作品

いつもは別の教室にいらしていますが
都合がつかずこちらに顔を出してくれました。

今回は自画像に挑戦。

自画像は最初自意識との葛藤から始まります(笑
もっと目が大きかったら、とか
このシワなんとかならんか、とか
いろいろ注文を鏡につけながらいうのですが、
一旦絵のマジックタイムが訪れると
そこにある顔の中の風景、
鼻の山とか
目の湖、など批判の視線から
「そこにあるものをただ見つめる」視線になるのです。
そこにある形と光を追うようになると
しめたもんです。
なぜなら、そこに本当の美を見るから楽しくなるのです。

どこが一番影として暗いか
唇や髪の毛の色に惑わされずに描いていくと
不思議と似せようと思っていないのに
にていくのです。

Kさんは顔型を追って
目鼻と自分の頬の影までいくと
そのマジックタイムに入っていったと思いました。

そして本書きした時
大胆に一色だけ水彩を使って
アクセントに色を入れ
最初に描いた自画像としては
なかなか力の入ったものになったと思います。

目を描いていた時
前回の「ビー玉」をみた時のように
影と光を注視して
それが生きたのかと思います。

時々自分の顔をじっくりとこんな風に
見る機会を持つのも
怖くない、いいものでしょう?(笑

-

イラスト・スケッチ教室@うみべのえほんやツバメ号 火曜日の教室

クリスマス近くだったので庭からつるを取って
のの花や烏瓜の実をあしらってリースを作り
それを絵にしました



Hさんの作品


Hさんはリースではなく
年賀状のためのイラストの追い込みに注力。

この教室の時間を
そういう風に自分の何かの創作に使う方もいらっしゃいます。
その中で迷った時に、一緒に習っている生徒さんたち同士で
意見を言い合ったり
また、私が進言できることがあれば伝えたり
そういう風にこの時間を過ごすのも
なかなか貴重なものなのでは、と思います。

Hさんのうしはなんだかユーモラスで
その周りをお馴染みの5人が囲んで
楽しげなイラストが出来上がりました。

イラストにそういう風に
「表情をつけ、人にその雰囲気を伝える」
という技術はなかなか難しいレベルのことだと思います。

絵はいろんな方面があります。
正しく描けている絵
リアルに見える絵
美しい色合いの絵
感情が表れている絵
言葉にできないものが伝わる絵

もっともっと列挙するとあるかと思うのですが
時々その一つがぴゅっと伸びることがあると思います。

人物、そして表情が得意なHさんは
その方面にずいぶん力をつけてきているのではないでしょうか
得意な方面をどんどん伸ばしていって欲しいと思います!


H.Uさんの作品


バックにテクスチャーを塗り込めた上で
リースを載せて描いていったHさん

こっくりした塗り方が
いつもとは別の雰囲気です。

Hさんは描きたくて
絵を描くという行為が好きで
どんどん上手くなっていますが
今回作られた絵は、ある作家さんにインスパイヤされて
発せられたものでした。
それはHさんの新たな段階を示していると思いました。

描きたいという気持ちがほとばしっていて
エネルギーがあります。

さらにどういう方向にいくと
Hさんの良さがもっと出るのか
探りながらいきたいものですね!!

Kさんの作品


KさんはKさんの描き方が
だいぶ出来上がってきているように思いました。
リースをスケッチして
色を載せるとき、
迷いから楽しみに移り変わっているように感じられました。

絵を描きながら楽しいと思う、
それは絵に表れて
見る人にも発せられるものだなあと思います。

かわいいピンクの花を愛でる気持ちが
絵にも表れています。
そして線の勢いもみずみずしく感じました。

-

親子イラスト教室@Musica Soave

とても丈夫な和紙が手に入りました。
それと綿を使って、フカフカのオーナメントを作ることにしました。

Sさんの作品


光の形に切り抜いて
クレヨンで絵を描き、オーナメントを作ったSさん。
久々の参加でしたがきっちりした仕事は健在。

周りをマスキングテープで止めるのですが
とても手際良くきれいに仕上げられました。

何かを作るという時、集中して無心に一所懸命になりますが
その時にふと、心が整頓されたりします。

何かと大変な日々ですが
Sさんのこの集中力が前に進む力になっているのでは、と感じました。
ちょっとした時に手を動かすのは
なかなか心和む事ですよね。

Kちゃんの作品

Kちゃんの久々のユーモアたっぷりの絵にクスッとしてしまいました。
Kちゃんはお話を作りながら絵を作っていくのですが
毎回そこには面白いおじさんや
不思議な人が登場、
それを説明してくれるのが楽しみなのです。

今日はクリスマスツリーのオーナメントも
とても丁寧に作ってくれました。
ツリーのちょうど細いところは紙を入れて補強
ギザギザの部分の止め方もとてもうまくできました。
細かいところまできちんと描いて
とってもかわいいオーナメントができました♪

Sちゃんの作品

毎回モリモリ絵を描くSちゃんですが
今回は珍しく、オーナメントを作ってくれました。
それも可愛いトナカイのユーモラスな顔!
普段描く絵とはちょっとテイストが違って
なんだかウキウキしますね。

これから大きな節目とチャレンジが待っているSちゃん
一ヶ月に一度ここにきて
思う存分絵を描いて、気晴らしになっているのかもしれません。

普段通りの力が発揮できるよう祈っています!

Rさんの作品

Rさんの滲む色彩に良いかも、と思い
水彩の紙を持ってきました

感覚的な言葉なのですが
水彩の色が別の色と混じり合って
別の色に移行する時
何かそこに魔法がある感じがします。

多分Rさんはその移行の仕方に
「これはいい移行」すなわち、自然な魔法がある
と見ているのでは、と思うのです。

多分計画があるようでないようなそういう進み方で
この色面は出来上がってきているのだと思います。

まずはこの実験のような色面を楽しんで
そこから何が立ち上がるか、見ていきたいものです!

Mちゃんの作品

Mちゃんはフカフカのオーナメントを
無地のまま仕上げました。
無地のオブジェは大人っぽい雰囲気。
Mちゃんのそういうところにセンスを感じます。

そして日々絵を描いているのだなあと思わせる
伸び伸びとした線。
水族館に行ったとき見た、というクラゲの絵を紙いっぱいに描いていました。

その都度興味のあるものを絵にしているMちゃん。
今度一度今まで描いてきたものを一堂に並べて見たいなあと思いました。

自分の好む方面
それを一度わかっておくのも良いことなんですよね。

点と点があって
そこをつなげて行ったとき、また新しいものができるかもしれません。

Hちゃんの作品

オーナメントはくまちゃんの形
そして、クリスマスツリーの絵をさらっと描いてくれました。

Hちゃんはこの前きた時よりも
ダイナミックな線になったように思います。

細かく小さな絵を描いていくのもいいのですが
伸び伸びとした線で描かれたものも
とってもいいですね。

HちゃんはMちゃんと仲良しなので
大体同じペースで作品が出来上がります。
まるで画面がお隣さん同士みたいに
地続きに見えることも。

きっとこの時期、そんな風に女の子の世界は
つながることがあるのだろうなあと
なんだか懐かしい気持ちになりました。

K君の作品

いつもに増してK君は創作意欲がたぎっていました!

くるなり、私とKちゃんに
クリスマスリースの作り方を指南、
その間に手の形を取りながら
不思議なモンスターの絵を描き上げて
さらに「もっと紙を!!」大きな目玉の動物を作り上げました。
本当Kくんの自由な発想と
創造力に圧倒されます。

最後の方では、お母さんの絵の具を借りて
さらに2枚、3枚と絵をかきあげました。
乾かないので車のドアに貼って乾かしながら帰る!ということでした
画伯、すごい

K君は描いたものをまた切ったりはったりして
自分の作品を素材にさらに別のものを作ったりします。
大人でもなかなか自分の作品を切って
別のものにするのは勇気がいる事です。

Kくんを見ていると
いろんな縛りを
楽々と乗り越えているのでとっても胸がすくおもいがします。
そう、アートってこうじゃなくっちゃね!

R君の作品

Rくんは折り紙にさらに色を塗り
それを携帯電話のような形に折り
ぐるぐるに両面テープを貼って
なんだかとっても満足したようです。

目的のない創作をしている時
人は呼吸が深ーくなって
それが出来上がると、なんだか手柄をとった気持ちになります。
Rくんが作ったこのベタベタした携帯
輝いて見えました。

-

絵画教室@Nandaro

お皿をうまく使って、
絵を飾っています。すてき!
こちらはドングリで、少し前に描いたもの。

今日は紅葉したアイヴィと
カラスウリの実をモチーフにしました。
カラスウリは枯れた森の中で、
クリスマスの飾り付けみたいに目立っています。


またアイヴィも赤と緑があって
思わずクリスマスカラーです。


横長のお皿に飾るので
レイアウトを横長に決めて
色鉛筆と水彩で丹念に色をつけていきます。
葉っぱが裏返ったところもよくみて
色の変わるところで工夫されました。






絵は自分が描いたものをじっくり再度見る事でも
成長するのだと思います。


一足早目のクリスマスのムードの絵が出来上がりました。

-

イラスト・スケッチ教室@うみべのえほんやツバメ号 火曜日の教室

Hさんの作品

Hさんは来年の年賀状のイラストの続きをやりました。
5人のキャラクターが勢揃いした中に
来年の干支の牛さんがいます。
Hさんがイラストが上達したな、と思うのは
この集合でそれぞれがいろいろな活動をしている絵を描けるようになったこと。
また、全員が同じ世界にいるということ。

時折、たくさん人がいるイラストの人々の中で
ちょっとこれは劇画ちっく、
これはでもコメディタッチ、というものを
見たことはありませんか?

人物や背景が違和感なく同じ場所にいるということを成立させるのは
意外と力が試されるものなのです。

なんなくそれをクリアしていることと
特筆すべきは牛さんのユーモラスな顔
新年にクスッと笑えるものとなりますね^^


Kさんの作品

ビー玉をモチーフに描いていただきました。
透き通ったガラスの描き方、
色の乗せ方にとても腐心されて描かれたと思います。

影の部分と、反射したところに色の違いがあり
そこに気が付かれたのが今回のポイントなのかもしれませんね

この透き通ったものの描き方
これはビー玉だけではなく
ガラスの花瓶などそういうものを捉える役にもたつと思います。


また、緻密にものをみると
それがとても愛おしくなります。
そしてまた複数回かくと
違って見えてきます。
またぜひビー玉を描いてみてください!

H.Eさんの作品

大胆な筆致だと思います。
H.Eさんのものの捉え方が感覚的で
怖がらずにそれを絵にしていくのがとても見ていて楽しいです。

今日で一年たったH.Eさん
前の作品を遡ってみましたが
素直に描かれたその時々の発する絵のエネルギーが
増し増しになってきているように思いました!

ビー玉の描き方は人それぞれなのですが
「私はここがキレイだと思う」と
そういうところが絵に表れているのかな、と感じます。

このフレッシュな感じをいつも忘れずにいてほしい!と思います

Nさんの作品

Nさんは出来上がった絵本を
サイトでレイアウトをして
実際に製本してもらうべくパソコン仕事に注力しました!

なかなかレイアウトにも
文字の打ち込みにも
自分の思い通りにするためには
いろんな技術がいるものです。

Nさんはグラフィックな感覚があるので
どこに文字を、どんな文字を入れるか
イメージがあります。
ここはとっても大切なこと。
今まで見てきたものが
頭に蓄積されていて、その中の自分の好みを照らし合わせているのです。

レイアウトは地道な作業ですが
そこにもあるクリエイティブな努力ができる場所があります。
あまり焦らずに楽しんでいってほしいと思います♪